so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

楽に生きる方法<04>

できるだけタイムプレッシャーを
感じない生活を心がける。 
できるだけタイムプレッシャーを感じない生活を心がける。 | 楽に生きる30の方法

 

あなたは今、

どのくらいタイムプレッシャーを

感じていますか?

 

楽に生きるには、

さまざまなストレスを

減らしていくことが大切です。

 

ストレスにはさまざまな種類がありますが、

中でも着手しやすいストレス対策は

「時間」に関するストレスでしょう。

 

すなわち、タイムプレッシャーです。

 

人間関係のストレスは、

自分でコントロールしにくい部分もありますが、

タイムプレッシャーは違います。

 

タイムプレッシャーは、

あくまで時間の使い方がポイントなので、

ある程度自分のコントロール

改善が可能です。

 

もちろんタイムプレッシャーが

必要な場面もあります。

 

金銭が伴うビジネスでは、

納期や締め切りなど守らなければいけません。

 

大事な試験や試合では、

本番までの残り時間を

意識しなければいけないでしょう。

 

また時間に追われる生活は、

気合を入れてモチベーションを

高める効果があります。

 

大切な試験を控えているなら、

試験日を意識しながら勉強することで、

やる気が高まってスピードも出るでしょう。

 

しかし、

どんなタイムプレッシャーも、

長く続くと心身に悪影響が出てきます。

 

余計なストレスがかかりすぎてしまい、

心や体に深刻なダメージを与え、

精神的な病を引き起こすこともあります。

 

そのため、楽に生きるためには、

生活の中から余計なタイムプレッシャーを

できるだけ減らしていくことが大切です。

 

タイムプレッシャーを減らす工夫は、

身近にあります。

 

たとえば、朝の出勤です。

学生であれば通学であり、

社会人であれば出勤です。

 

時間ぎりぎりの生活習慣を送っていませんか?

 

時間がないとばたばた慌ててしまい、

余裕のない生活になってしまいます。

 

スポーツでかく汗は気持ちいいですが、

焦りでかく汗は気持ち悪い。

 

余裕がないと、朝食の時間が減ったり

忘れ物をしたり途中で事故に遭ったりするなど、

よいことはありません。

 

起床時間を少し早めて、

朝の生活に時間的な余裕を作れば、

タイムプレッシャーで苦しまずに済みます。

 

朝が眠いなら、

早めの就寝を心がけるといいでしょう。

 

ほんの10分早く起きるだけでいいのです。

 

夜は誘惑の多い時間帯ですが、

夜更かしをやめることで、

生活のリズムとサイクルが整います。

 

仕事では、

できるだけ早めの対処を心がけましょう。

 

余計な先延ばしはしません。

今日できる仕事は、今日するようにします。

 

前倒しで仕事を進めていけば、

余計なストレスから解放され、

期限前に焦らなくて済みます。

 

「どうしても時間がない」と思うのは、

誤解です。

 

現代社会は、

優れた道具やサービスが数多く存在します。

 

工夫や知恵を働かせたり、

便利な道具を生かしたりして

仕事の効率化を図れば、

時間に余裕ができます。

 

タイムプレッシャーのコントロールは、

あなたの意識と心がけ次第。

 

1日24時間は不変ですが、

あなたの知恵と工夫次第で、

それ以上の価値を生み出すことなら

可能です。

 

タイムプレッシャーを

ゼロにすることはできなくても、

減らすことならできるはずです。

 

余裕のある仕事を心がければ、

タイムプレッシャーから解放され、

楽に生きられるようになります。

 

#楽に生きる #方法 #タイム

#プレッシャー #仕事