so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の生き方が上手になる方法<19>

調子の悪いときの過ごし方。
調子の悪いときの過ごし方。 | 人生の生き方が上手になる30の方法
 
日常では、調子の悪いときがあります。
 
体調が優れないときもあれば、
気分が乗らないときもあるでしょう。
 
集中したいが、集中力が出ない。
 
スピードを出そうとするが、
思うように出ない。
 
気合を入れようとするが、
いまいち入らない。
 
テンションを上げたくても、
なかなか上がらない。
 
効率よく進めたいが、
立て続けにトラブルがあって、
歯車が噛み合わない。
 
頑張る気持ちとは裏腹に、
ぐだぐだした時間を過ごすことがあります。
 
「何だか今日は調子が悪い」
そう思うときもあるでしょう。
 
調子の悪いときは
どう過ごせばいいのでしょうか?
 
ここで、まず注意したいことがあります。
 
それは、無理に遅れた仕事を
取り戻そうとすることです。
 
調子が出なくて仕事に遅れが出ると、
焦りやいらいらが募ります。
 
「大変だ。早くしなければいけない!」

焦って無理に頑張ってしまうと、

つまらないミスを招く原因になります。

 

ミスが出ると、余計な仕事が増えてしまい、

ますます調子が悪くなります。

 

踏んだり蹴ったりの

1日になってしまうでしょう。

 

調子が悪い程度では済まず、最悪の場合、

深刻な事態に発展する可能性もゼロではありません。

 

では、調子が悪いときは

どう過ごせばいいのでしょうか?

 

いったん休憩を入れるのが得策です。

 

気分転換やリフレッシュを通して、

心と体をリセットしましょう。

 

コーヒーブレークのように、

短くて軽い休憩をはさむのもよし。

 

思いきって休暇を取って、

しっかり休むのも方法です。

 

午前中に出社しているなら、

半休・午後休を取ればいいでしょう。

 

調子が出ない原因に目を向けてください。

 

たまたま調子が出ないだけならいいですが、

事情があって調子が出ない場合もあります。

 

疲れやストレスが

たまっているのかもしれません。

 

なかなか調子が出ないのは、心や体から

「少し休みましょう」という

メッセージである可能性があります。

 

心や体から悲鳴が聞こえるなら、

誠実に向き合うことが大切です。

 

体は大事な資本です。

 

健康があってこそ仕事も快適に進められます。

 

調子が悪いときは、潔く休むのが一番。

 

いったん仕事を止めて、

気分転換を兼ねて休憩するのが得策です。

 

どうしても仕事がしたいとき

 

休みたくても、のんびり休んでは

いられないときもあるでしょう。

 

納期や期日が迫っていると、

もたもたしていられません。

 

どうしても仕事がしたいなら、

調子が悪くてもできる仕事をしましょう。

 

気合や集中力がなくても

できる仕事はありませんか?

 

難しくて大きな仕事は後回しにして、

小さくて簡単な仕事をします。

 

あくまで無理をしないことが大原則です。

 

小さくて簡単な仕事なら、

調子が悪くてもスムーズに進むでしょう。

 

できる仕事をこつこつ進めているうちに、

だんだんテンションが上がり、

調子もよくなっていきます。

 

調子がよくなったところで、

本格的な仕事に着手すれば、

スムーズに進むでしょう。

 

仕事が遅れたとしても、

最小限に抑えることが可能です。

 

#人生 #生き方 #健康

#ストレス #気分転換