so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

魅力的な人になる方法<28>

いらいらを感じてしまうのは、
半径5メートルの人間関係だ。
いらいらを感じてしまうのは、半径5メートルの人間関係だ。 | 魅力的な人になる30の方法
 
いらいらするのは、
自分の視野が狭くなっている証拠です。
 
視点が低いため、
視野が狭くなっています。
 
人間関係にいらいらするのも、
狭い範囲で考えているからです。
 
だいたい人間関係に悩んでいる人は、
半径5メートルの人間関係です。
 
たとえば、
会社での人間関係でいらいらするのは、
自分の席から半径5メートル以内の
人に対してです。

 

・隣に座っている人の

 貧乏ゆすりが気になる

 

・目の前に座っている人の

 態度が気に入らない

 

・斜め前に座っている人は

 言葉遣いが悪い

 

半径5メートルという狭い範囲で、

私たちは悩んでいるのです。

 

近くにいる存在だから、

ささいなことが目につき、

大げさに見えます。

 

一方、

社長に対してはあまりいらいらしません。

 

半径5メートルより、

離れたところにいます。

 

社長は、

遠い存在のような気がするため、

気になりません。

 

分からない相手に、

いらいらすることはありません。

 

実感があるのは、

半径5メートルの人間関係です。

 

その狭い人間関係の中で、

私たちは悩みを持っています。

 

自分が悩んでいる人間関係も、

狭いのではないでしょうか?

 

たった半径5メートルの人に、

いらいらしてしまっているのです。

 

視野をもっと広げればいい。

 

たとえば、自分の視点を、

もっと高くして見てみましょう。

 

隣の人は、

100メートル上空から見れば、

単なる点に見えます。

 

その点がどうであろうと、

したことはないと考えます。

 

そんな小さな点の態度、

言葉遣いがどうであろうと、

したことではありません。

 

その事実に気づいて、

いらいらなくしてしまいましょう。