so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生逆転で成功のチャンスをつかむ方法<16>

悲劇のヒーローを演じると、
惨めになる。
 
喜劇のヒーローを演じると、
立派になる。
悲劇のヒーローを演じると、惨めになる。喜劇のヒーローを演じると、立派になる。 | 人生逆転で成功のチャンスをつかむ30の方法
 
苦労と災難が多くて、不幸の多い人生なら、
悲劇を演じたくなるでしょう。
 
「私はこんなに不幸。こんなに惨め。
 こんなにかわいそう」
 
悲劇のヒーローを演じていれば、
多くの人に同情してもらえます。
 
あなたを心配する人たちが、
優しい声をかけてくれるかもしれません。
 
多くの人から同情されることに、
快感を覚えるかもしれません。
 
いつか誰かが助けてくれることを
期待して、悲劇のヒーローを
演じていることもあるでしょう。
 
しかし、
悲劇のヒーローを演じたところで
不毛です。
 
どんなに自分を
「かわいそう、かわいそう」と
思ったところで何の役にも立ちません。
 
「かわいそうだね」と思われて
終わりです。
 
かまってもらおうとする行動は、
往々にして滑稽です。
 
やればやるほど、
痛々しい様子が漂って逆効果。
 
自分に関心を向けてもらうための演技は、
遅かれ早かれ見抜かれるでしょう。
 
「また始まった。
 もうその作戦には引っかからないよ」と
思われます。
 
演じることには、
現実化させる効果もあります。
 

成功者のふりをしていると

成功に近づくように、

悲劇のヒーローを演じていると

悲劇に近づいてしまいます。

 

気づけば、本物の悲劇のヒーローに

なっているに違いありません。

 

悲劇のヒーローを演じたところで、

ますます惨めになるだけなのです。

 

悲劇のヒーローを演じるのではありません。

 

演じるなら、喜劇のヒーローです。

 

どんな悲劇も、表現の方法を工夫すると、

喜劇に変えることができます。

 

ミスをしても、笑いに変えればいい。

 

恵まれない環境でも、

笑顔で生きることは可能です。

 

不幸や災難があっても、

落ち込むのではなく、笑い飛ばしましょう。

 

笑い飛ばしてしまえば、どんなことでも、

ぱっと明るい雰囲気に変わります。

 

大変なことがあっても、弱音を吐かず、

けなげに頑張りましょう。

 

頭が悪いなら

「ばかなのでいつも元気です」と

開き直って振る舞えばいい。

 

貧乏な家なら、正直に

「貧乏な家だよ」と笑ってしまえば、

明るくなります。

 

失敗をしたら、

笑いのネタに変えてしまえばいいのです。

 

喜劇のヒーローを演じると、

多くの人の心を動かせます。

 

つらい状況にもめげないで、

ひたむきに生きる姿こそ、

本当に立派です。

 

演じるのなら、悲劇のヒーローではなく、

喜劇のヒーローです。

 

悲劇のヒーローを演じると、

惨めになります。

 

喜劇のヒーローを演じると、

立派になるのです。

 

#人生 #逆転 #チャンス

#悲劇 #喜劇