so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人から愛される言葉の習慣<27>

「用意、どんは、
用意ができしだい、
スタートする
「用意、どん」は、用意ができしだい、スタートする。 | 人から愛される30の言葉の習慣
 
メリカでは
「飛び級制度」はすでに浸透しています。
 
学力がある人は、
どんどん飛び級したほうがいい。
 
同じ年齢でも、
ほかの人より行動が早くて実力もあるなら、
飛び級をして人類のためになるような
仕事に就けばいい。
 
それが、
人の才能を最も生かす生き方です。
 
飛び級制度は英才教育の1つですが、
そもそもその人には普通のペースです。
 
飲み込みや記憶力がよくて、
成長が早いです。
 
運動会でおなじみの掛け声
「用意、どん」も同じです。
 
どんと言われるまで待つ必要はありません。
 
「用意」と言われれば、
用意ができしだい、スタートすればいい。
 
用意がほかの人より速いですから、
その時点で実力がほかの人より
あるということです。
 
そういう人は早くスタートしていいし、
したほうがいい。
 
用意が速いですから、それも実力です。
 
実力のある人は飛び級したほうが、
最も才能を生かせます。
 
準備は十分できているのに
「どん」と言われるまで、
ぼうっとしているのは時間がもったいない。
 
人生は有限です。
 
短い人生を
少しでも早く効率よく進むためには
「待つ」というのは浪費行為です。
 
人それぞれの才能があり、
成長の早さもばらばらです。
 
個人の成長に合わせて進めばいい。
 
遅い人は遅くていいし、
早い人は早くていい。
 
遅い人には遅いなりの仕事ができるはずです。
 
早い人には早い人なりの仕事ができます。
 
それが最も才能を伸ばす生き方です。
 
そういう人がほかの人より成長が早く、
歴史を動かしていきます。
 
「用意、どん」でフライングスタートする人が、
歴史を変えるのです。