so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を楽しく生きる方法<23>

歴史える出来事は、
変人による非常識からまれた 

 

  • なたはちょっと変だね」

 

  • 「普通じゃない」

 

  • 「お前は変人だ」

 

自分が周りの人と違うので、

昔からいじめられてきた人がいます。

 

1人だけ変な考えを持っていると、

目立ちます。

 

特に協調性を大切にする日本人は、

出た杭を打つ文化がいまだに根強くあります。

自分が周りの人と違うので、

変人と言われてしまいます。

 

しかし、みんなと同じことをしていて、

大成功を収めた人はいません。

 

歴史の大発見・大発明・大成功は、

常に変人による非常識な発想から

生まれました。

 

「地動説」を唱えたコペルニクス

「何を浅はかなことを言っているんだ」と言われ、

異端者扱いされていました。

 

空を飛びたいと夢見たライト兄弟

「そんなことができるはずがない」と

民衆から笑われ、

まったく相手にされませんでした。

 

変人が考える非常識な発想は、

当時は笑われてばかりで

相手にされていませんでした。

 

しかし、

今となってはそれが当たり前になっています。

 

発明や大発見は、

常に非常識から生まれてきました。

 

誰もが考えないことこそ、

大発見の光があります。

 

非常識ばかりを考える変人は、

そんな素質があります。

 

「常識で考えられない」というのは

「非常識で考えることができる」という

立派な才能です。

 

誰もが発想しないことを思いつくということは、

誰もがしないことを成し遂げる

大きな可能性があります。

 

あなたが変人と言われても、

落ち込む必要はありません。

 

みんなから笑われていても、

気にしなければいい。

 

時代が、それを証明しています。

 

変人だと言われたら

「自分は才能がある」と自信を持っていい。

 

変人という罵りは

「あなたなら時代を変えられる」という

褒め言葉です。

誇りに思うことです。

 

ほかの人とは違った特殊なセンサーを

持っているということです。

 

その非常識が、歴史を作るのです。