読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

運がいい人の習慣<08>

うまくいった真剣
 
うまくいかなかった真剣

うまくいった話を真剣に聞く。うまくいかなかった話も真剣に聞く。 | 運がいい人の30の習慣

 

がよくない人は、

うまくいった話だけを真剣に聞きます。

 

「うまくいった話だけを聞いて何が悪い」と

思っているのではないでしょうか?

 

誤解を恐れずに言い切ってしまえば、

よくありません。

 

うまくいった話は、

勉強になるから真剣に聞こうとします。

 

一方でうまくいかなかった話は

縁起が悪い・暗い・面白くないと、

聞こうとしません。

 

しかし、運のいい人は、

うまくいった話もうまくいかなかった話も、

真剣に聞きます。

 

なぜ、こうした違いになるのでしょうか?

 

それは、成長するためには、

成功と失敗の両方を知っておかなければ

いけないからです。

 

光を語るためには影を知らなければなりませんし、

影を語るためには光を知らなければなりません。

 

裏表はセットであり、

片方だとバランスを崩してしまいます。

 

左右・上下・高低・裏表・緩急・明暗など、

あらゆるものは「2面性」があり、

それぞれがバランスを取り合っています。

 

運がよくなるために、

うまくいった話だけ聞いていると、

あなたの中でバランスを崩します。

 

うまくいった話に加えて、

うまくいかなかった話を知っておけば、

プラスの面とマイナスの面を両方学べます。

 

あなたがよりよい商品を選ぶときには、

その商品の長所だけでなく、

欠点も知ろうとすることと同じです。

 

長所だけに踊らされて判断すると、

思わぬ失敗を招きます。

 

商品を購入した後、

意外な欠点を知ることになり

「こんなはずじゃなかった」と

後悔することでしょう。

 

まず、長所と欠点を自覚することです。

 

両方知ることで、初めて正確な

「判断」と「選択」ができるようになります。

 

両方を学んだ人は、人生の選択において、

よりよい判断ができます。

 

本当によい選択や判断をするためには、

光と影の両方知らなければいけません。

 

運のいい人は、

うまくいった話もうまくいかなかった話も、

真剣に聞きます。

 

さらに素晴らしいことがあります。

 

うまくいった話もうまくいかなかった話も、

真剣に聞く姿勢を持つと、

あなたのコミュニケーション能力が上がります。

 

相手の話をありのまま受け止める姿勢になるので、

あなたの印象がよくなり、聞き上手になれます。

 

人間関係がよくなれば、

さらにラッキーになる好循環なのです。