so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

毎日を楽しく過ごす方法<15>

ほとんどのが、
自分から青春わりにしている

ほとんどの人が、自分から青春を終わりにしている。 | 毎日を楽しく過ごす30の方法

 

春とは、

いつからいつまでのことを言うのでしょうか?

 

辞書で調べてみると

「人生の春に例えられる時期」とあります。

 

具体的な時期は、書かれていません。

 

「人生の春に例えられる」とあるように、

青春とは、心の状態で決まるものです。

 

しかし、多くの人は、

自分から青春を終わりにしています。

 

誰も「やめなさい」とは、言っていません。

 

にもかかわらず「もう若くないから」

「もうそんな年ではないから」と言い、

自分から青春を終わらせてしまうのです。

 

青春が終わるから、

そういう発言をするのではありません。

 

そういう発言をするから、

青春が終わるのです。

 

もったいないことです。

 

ほとんどの人が、自分の意思で、

青春を終わりにしています。

 

逆に言うと、青春は、

自分の意思で続けることもできます。

 

青春がまだ続いていると思えば、

続けられます。

 

「まだまだこれから」と言えば、

まだまだ続きます。

 

気迫が大切です。

 

気迫があるから、心が若いです。

 

青春とは、心が若い状態のことです。

 

好奇心を持って、

新しいことに挑戦しましょう。

 

情熱を持って、

物事に全力を尽くしましょう。

 

年相応とは、あってないようなものです。

 

気迫があれば、

自分で年相応を作っていけます。

 

気迫があれば、

いつまでも心の若い状態が続きます。

 

自分から青春を終わりにしなければ、

一生涯、青春を続けることができます。

 

人生の春は、いつまでも続くのです。