so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

散歩ダイエット<23>

音楽がなくても、
自分足音けば、
いつでもリズムれる

音楽がなくても、自分の足音を聞けば、いつでもリズムに乗れる。 | ウォーキング・ダイエットのすすめ

 

動を続けることは、リズムに乗ることです。

 

リズムに乗りやすくなると、

気分も乗りやすくなります。

 

音楽にも「乗りのいい曲」というのがあります。

 

乗りがいいから、気分も乗りやすいです。

 

人は、勢いが出ると、

うっとりした気分に浸ることができます。

 

そういうとき、不思議と疲れは感じません。

 

乗りのいい音楽を聴いていると、

激しく体を動かしていながらも、全然疲れを

感じないという不思議な感覚になります。

 

音楽に合わせてダンスを踊っているかのように、

夢見心地の気分に浸ることができる。

 

歩くときも、リズムは重要です。

 

音楽を聴きながらであれば

リズムに乗りやすくなりますが、

リズムに乗るのは必ずしも音楽ばかりではありません。

 

無音の場合、どうすれば楽しくリズムに乗るのか。

 

あるではありませんか。

 

自分の足音です。

 

歩くとき、必ず足音があります。

 

普段は小さい音で気にしていないかもしれませんが、

歩いているときには、わずかに音があるはず。

 

その音を聞いて、リズムに乗ってください。

 

「タン・タン・タン」というリズムが一定になるよう、

自分で調整しながら歩きます。

 

この自分の足音を聞いてリズムに乗り、

一定に保つよう歩けばいい。

 

自分で自分の足音を聞けば、音楽がなくても、

いつでもどこでもリズムに乗ることができるのです。