読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

健康の為になる散歩術<09>

自分平熱把握しているのに、
1日歩数把握していないは、
 

自分の平熱は把握しているのに、1日の歩数を把握していない人は、多い。 | 健康のためになる30の散歩術

 

康管理のため「平熱」を知っておくことは、

重要です。

 

平熱が分かっていると、自分の体調について、

平熱を基準にして体調の変化を確かめることができます。

 

平熱なら、多くの人が把握していることでしょう。

 

しかし、自分の平熱は把握しているのに、

1日の歩数を把握していない人は、多いです。

 

1日にどのくらい歩いているかを把握することは、

平熱を知るのと同じくらい重要です。

 

歩くことは、健康に密接なつながりがあるためです。

 

身近で、かつ重要であるにもかかわらず、

把握していない人が多い。

 

歩くのが少ない人は、運動不足のため、体力や筋力の低下、

肥満や生活習慣病にもなりやすくなります。

 

逆に歩くのが多い人は、体力や筋力の向上が見られ、

肥満防止にもつながります。

 

今一度、自分が1日に何歩歩いているかを確認しましょう。

 

5,000歩くらいですか。

 

それとも10,000歩くらいですか。

 

自分では5000歩くらい歩いていると思っても、

計ってみると3,000歩しか歩いていなくて、

がっかりとすることがあります。

 

思っているのと、実際に計ってみるのとでは大違い。

 

もし知らないのなら、計ってみましょう。

 

平日や休日では多少歩く歩数に差があるでしょうが、

できれば平日と休日の両方の場合を

確認しておくのがおすすめです。

 

歩数計をつけて、

1日起きてから寝るまで計ってみるのです。