読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

気楽に生きる心の習慣<29>

からくるストレスは、
きい

 

間は、お風呂とエッチのとき以外、

常に服を着ています。

 

ほぼ1日中です。

 

いつも身につけている服ですから、

服からくるストレスまで考えたことは

ないのではないでしょうか?

 

当たり前に身につけている服だからこそ、

気づかないうちにストレスの原因に

なっています。

 

あなたはどのような服装が好みですか?

 

ファッショナブルな服装は、

その見かけとは引き替えに、

ストレスは大きいものが大半です。

 

ブーツはかっこいいですが、

通気性は最悪です。

 

通気性の悪さのため、

水虫になった話をよく耳にします。

 

帽子をかぶると、頭皮に熱気がこもって

蒸しやすくなるため、

はげの原因になると言われます。

 

キャミソールはかわいい洋服ですが、

冷えやすくて風邪の原因になります。

 

そのほか圧迫感があったり、

重たかったり、

動きにくい服もあるでしょう。

 

服を着ている時間が長ければ、

ストレスもそれだけ大きくなります。

 

服によるストレスは、

気づかないうちに蓄積していると

考えることです。

 

ちょうど今あなたは、

どのような服を着ていますか?

 

その服は、

疲れを感じやすい服ではありませんか?

 

まだ間に合います。

 

「見かけを重視した服装」から

「動きやすい服装」に変えてみましょう。

 

動きやすいということは、

ストレスが小さいということです。

 

それだけで疲れにくくなり、

気持ちもゆったりするのです。

気楽に生きる心の習慣<28>

どうしてもリラックスできないときには、
りればいい

 

ラックスしよう」と思って

すぐリラックスできるなら、

苦労はしません。

 

なかなか思うようにできないから

困ってしまいます。

 

特に真面目な人は

「気を抜くことが悪いこと」という

先入観があります。

 

本当に気を抜く時間がなくなれば、

どこでストレスを発散させるのでしょうか?

 

ストレスをうまく管理できてこそ、

本当の自己管理です。

 

しかし、性格の問題で、

なかなかストレスが発散できないと

言う人がいるのも確かです。

 

そんなときこそ、いいアイテムがあります。

 

お酒です。

 

たまにはアルコールの力を借りましょう。

 

言い方は悪いかもしれませんが、

お酒は強制的にリラックスできる飲み物です。

 

飲みすぎはもちろん悪影響ですが、

適量さえ守れば、

これほど有効な飲み物はありません。

 

どんなに真面目な人も、

お酒を飲めばほのかに酔うことができ、

ストレス発散ができます。

 

リラックス効果もあるので、

人との会話も打ち解けて話しやすくなります。

 

緊張感が和らぎ、

自然と気持ちを緩めることができます。

 

日本では「飲みニケーション」という

言葉があるほど、

お酒は一般的に認められています。

 

「お酒を飲むなんて不健康だ」と

先入観を持たず、

時と場合に応じて活用すればいい。

 

肩肘を張って生きている人ほど、

たまにはお酒も必要なのです。

気楽に生きる心の習慣<27>

完璧めると、
読書間違しになってしまう 

 

判的な人は、細かいところまで

突っ込みを入れることが得意です。

 

本や雑誌を読んでいるとき、

間違いを見つけるのが得意です。

 

人一倍、知識が豊富であり、

また完璧を求めようとする性格上、

見逃せないのでしょう。

 

  • 「誤字脱字を見つけた」

 

  • 「表現に謝りがある」

 

  • 「この説明内容は間違っている」

 

たしかにその指摘はどれも正しいのでしょう。

 

もちろん書いている内容が

完璧に超したことはありません。

 

しかし、

考える人も書いた人も人間ですから、

1つや2つは間違いがあります。

 

そこは寛容になりましょう。

 

細かいところまで完璧を求めていては、

間違いが気になって読書さえできなくなります。

 

いちいち気にしていると、

落ち着きませんし、疲れやすくもなります。

 

読書が間違い探しになっています。

 

これでは知識を吸収するための勉強なのか、

間違い探しというゲームなのか分かりません。

 

細かいところまで完璧を求めるのではなく

「おおむね正しい」でいい。

 

「だいたい合っていればそれでよし」と

考えるほうが、ストレスは小さくなります。

 

おおらかになり、

のんびりできる人の考え方なのです。

気楽に生きる心の習慣<26>

ゆっくりすことは
「落
「品」 

 

なたの話し方を、

チェックしてみましょう。

 

ぺらぺらと早口で、

まくし立てていませんか?

 

早口になると、

単純に疲れやすくなります。

 

また、

早口になると考える時間も短くなるため、

言い間違いが増えます。

 

うっかりした発言が、

人間関係にひびを入れかねません。

 

なにより、早口になっている態度は、

何かを隠そうとしているしぐさにも

見えてしまうため、

信頼性が低くなってしまいます。

 

秘密を隠そうとする人のしぐさは、

決まって早口です。

 

ゆっくりのんびり、話をしましょう。

 

ゆっくり話したほうが

疲れにくくなります。

 

ゆっくりいう時間の余裕が、

間違った発言を減らします。

 

また、

ゆっくりした話し方だからこそ、

自信を持っている印象に変わります。

 

落ち着いた印象まで醸し出します。

 

落ち着いた紳士は、

いつも話し方がゆっくりです。

 

ゆっくりした話し方が

「落ち着き」と「品格」を感じさせ、

いい味を出しています。

 

落ち着いて話すのは、

いいことずくめです。

気楽に生きる心の習慣<25>

わない
 
直感

 

  • Aにしようかな。それともBにしようかな。どちらも魅力的だ」

 

迷っていると疲れます。

 

人間は、考えているだけで

疲れてしまう特殊な生き物です。

 

高度な脳を持ってしまったばかりに、

体を動かさなくても、考えるだけで

疲れることができるようになりました。

 

複雑怪奇なことを深く考えることが

できるようになった反面、

考えすぎてしまい、

精神的に疲れやすくなっています。

 

迷っているときには、

疲れるだけでなく時間まで

消費してしまいます。

 

こういう時間が増えるほど、

のんびりも気楽も減ってしまいます。

 

どうすればいいのでしょうか?

 

直感に従って選択すればいい。

 

ほとんど同じだから、迷っています。

 

迷っているということは、

どちらでもいいということです。

 

大差ないですから、直感を信じて

「これだ!」と決めてしまいます。

 

一度選択したら、

後から振り返らないことです。

 

振り返ってしまうと

「もしや選択を間違えたのではないか」と、

くよくよしてしまいます。

 

自分の選択は最後まで変えないことです。

 

ファースト・インプレッションは、

おおむね正しいです。

 

それが疲れない方法であり、

気楽に生きる方法です。

気楽に生きる心の習慣<24>

規則正しい生活っている
ない時代になってしまった

 

通に、

当たり前の生活を心がけることです。

 

他人と差をつけるために、

特別なことをする必要はありません。

 

  • 朝は早起きをして、夜は早めに寝る
  • 食事は、朝・昼・晩の3食をきちんと取る

 

いま一度、

規則正しい生活を送るだけでいい。

 

今の時代、規則正しい生活を

送っている人のほうが少ないからです。

 

インターネットが普及し、知りたい情報が

いつでも手に入れられるようになり、

夜更かししやすくなりました。

 

テレビもインターネットで

いつでも見られる時代です。

 

インターネットで面白い番組や映画を

見たりしていると、

時間はすぐ過ぎてしまいます。

 

コンビニは24時間営業であり、

間食も増えてしまいがちです。

 

間食を含めると、

1日4食や5食になっている人が多い

現実があります。

 

当然ですが、体重も増えます。

 

メタボリック症候群に悩む人が、

男性ばかりではなく、

女性にも広がっています。

 

当たり前ではありますが、

できていない人が多いです。

 

「早寝早起きをして、1日3食を守っている」と

言うだけで「素晴らしい! 偉いね!」と、

尊敬される時代になりました。

 

あなたはいかがでしょうか?

 

「早寝早起き」と「1日3食」が

きちんと守られているでしょうか?

 

「規則正しい生活」ほど、

当たり前のことはありません。

 

口にするのが恥ずかしいほどです。

 

しかし、当たり前すぎるからこそ

手を抜いてしまいがちです。

 

規則正しい生活を送っている人が

少なくなっている今、当たり前のことを

当たり前にするだけで勉強も仕事も

うまくいくのです。

気楽に生きる心の習慣<23>

みをしているうちは、
一生克服できない。

 

みを隠すと逆効果です。

 

隠していると、息苦しくなります。

 

隠すために体力も時間も必要になり、

余計に疲れてしまいます。

 

「ばれるのではないか」といつも

不安になって仕方なくなり、

気が休まりません。

 

隠そうとする努力を無意識にしてしまうため、

いつの間にか疲れます。

 

弱いと思っているから、

自分に暗示をかけてしまい、

さらに弱くなってしまいます。

 

また、隠しているからこそ、

その異常な態度がほかの人から見て

逆に目立ってしまいます。

 

弱みを隠しているままでは、

一生克服できません。

 

どんどん見せてしまいます。

 

笑いのネタでも告白でも何でもいいので、

笑いながら吐き出してしまいます。

 

その瞬間、克服できます。

 

もはや弱みではなくなり、

自分の個性や特徴に変えることができます。

 

肩の荷が下りて、気が楽になります。

 

あなたは、

弱みを隠そうとしていませんか?

 

私は自分のコンプレックスは

全部さらけ出してしまうようにしています。

 

失恋したことや失敗したことなど、

髪が縮毛であることや吹き出物に

悩んだ経験など、公開しています。

隠していると、息苦しくなります。

 

隠そうとする努力を無意識にしてしまうため、

いつの間にか疲れるのです。