so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

言葉遣いがうまくなるマナー<24>

会話で勝とうとする人は、
相手から嫌がられる。 
会話で勝とうとする人は、相手から嫌がられる。 | 言葉遣いがうまくなる30のマナー

 

会話の最中、

勝とうとする意図を感じることは

ありませんか?

 

最初は普通に話をしていても、

途中から「自分のほうがすごい」という

アピールが混じるケースです。

 

たとえば、

海外旅行の話をしたときです。

 

相手が「海外旅行をしたことがない」と

言ったとき、相手のすごさを

アピールしようとする人がいます。

 

「まだ行ったことがないの。時代後れだよ」

「私はイタリアとフランスに行ったことがあるよ」

「来年は、オーストラリアに行く予定がある」

 

発言を通して「自分のほうがすごい」と

アピールしたい意図が感じられます。

 

もちろん聞かれて答えるならいいのですが、

聞いてもいないのに答えてくるのは

やっかいです。

 

相手は「へえ。すごいですね。

さすがですね」という返事を

期待しているのでしょう。

 

会話に勝とうとする人は威圧的で、

自然な対応が難しい。

 

自分の立場しか考えていないので、

話をしていて疲れるのです。

 

心当たりがあれば、改善が必要です。

 

会話に勝負を持ち込んでも仕方ありません。

 

相手の立場を考えた会話を心がけましょう。

 

たとえば、

海外旅行をしたことがない人には、

相手に興味を持った返事をすると喜ばれます。

 

「そうなんですね。

 いい機会があるといいですね」

「お金がかかりますよね。

 仕事が忙しいと時間も取りにくいですよね」

 

相手の気持ちを考えた発言は、

すっと受け入れてもらえます。

 

相手は「自分に興味を持たれている」

「自分の気持ちをわかってくれている」と喜び、

さらに会話が続くのです。

 

#言葉 #マナー #会話 #海外

#旅行