so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

言葉遣いがうまくなるマナー<06>

「No」より
「No, Thank you.」。 
「No」より「No, Thank you.」。 | 言葉遣いがうまくなる30のマナー

 

必要ないときは、

きちんと断ることが大切です。

 

何かを断るとき

「No」と答えることができます。

 

断るときに、

運まで逃がしていませんか。

 

はっきり断るのはいいのですが、

少しきつい言い方です。

 

きっぱり断られると、

相手は精神的にショックを受けます。

 

「もう誘うのはやめよう」

「話しかけにくいな」と思うでしょう。

 

きっぱり断る態度は、

訪問販売などを断るときには、

役立ちますが、普段の人間関係では

少し気をつけたいところです。

 

はっきり断りすぎると、

縁まで失われます。

 

断り方とはいえ、

余裕を持ちたいところです。

 

そんなとき、

心がけたい言葉があります。

 

「No, Thank you.」です。

 

「結構です。でも、ありがとう」という

意味です。

 

実は、世の中のほとんどの

「No」は「No, Thank you.」に

言い換えられます。

 

断っても感謝が伝えられるのは、

素晴らしいことです。

 

「No」より「No, Thank you.」を

心がけてみましょう。

 

断りつつも、

誘ってくれたことに感謝を伝えると、

断るときの印象が和らぎます。

 

誘った相手も

「また機会があれば話しかけてみよう」と思い、

縁が続くのです。

 

#言葉 #会話 #遣い #マナー

#印象