so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

言葉遣いがうまくなるマナー<02>

初対面は、
試験と同じ。
 
うっかり名前を忘れると、
0点になる。 
初対面は、試験と同じ。うっかり名前を忘れると、0点になる。 | 言葉遣いがうまくなる30のマナー

 

学校の試験でうっかり名前を書き忘れると、

0点になることがあります。

 

名前を書けないのは、

問題に回答する以前の問題です。

 

優しい先生なら、

許してくれることもありますが、

やはり心証を悪くするものです。

 

試験は、

まず名前を書いてから始めるのが、

鉄則ですね。

 

人間関係でも同じです。

 

初対面で名前を名乗り忘れると、

試験のように、

0点になってしまうことがあります。

 

名前を名乗らずにいきなり話しかけると

「この人は誰だろう。なれなれしいな」と

思われ、第一印象が悪くなります。

 

いきなり話しかけていませんか。

 

初対面では、

まず自分の名前を名乗りましょう。

 

「水口と申します。よろしくお願いします」の

一言があるだけです。

 

昔の映画では「名を名乗れ」

「申し遅れました」というやりとりがあります。

 

名前を名乗れないことは、

無礼で失礼なことです。

 

仕事上のメールでも、

冒頭では「お世話になっております。

OOの水口と申します」と言いますね。

 

名前から始めることで、

人間関係がスムーズになるのです。

 

#言葉 #遣い #名前 #マナー

#失礼