so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を面白くする方法<21>

発想力を豊かにするために、
驚きの目を取り戻そう。
発想力を豊かにするために、驚きの目を取り戻そう。 | 人生を面白くする30の方法
 
発想力を豊かにするには、
どうすればいいのでしょうか?
 
それは「驚きの目」を取り戻すことです。
 
理屈ばかり考えていませんか?
論理的な思考ばかりしていませんか?
 
たしかに理屈や論理は大切です。
 
難しい問題を解くときには、
理屈から考えなければいけません。
 
意味や理由を整理して考えることで、
正解に導けます。
 
誰かを説得するなら、
論理的な話し方が必要です。
 
筋の通った話だからこそ説得力が高まり、
相手の心を動かせます。
 
私たちは子供のころ、
驚きの目を持っていました。
 
見るもの、聞くもの、触れるもの。
 
すべてのことに「すごい」「面白い」
「不思議」と驚いていました。
 
だから子供たちはみんな、
発想力の天才です。
 
常識にとらわれず、
思いもよらぬ発想をしていきます。
 

ところが大人になるにつれて、

だんだん物事に慣れていきます。

 

知識や経験が増えることで、

いちいち驚かなくなる。

 

いつの間にか驚きの目を

失ってしまうのです。

 

いま一度、

驚きの目を取り戻しましょう。

 

私たちの日常は、

驚きに満ちた世界です。

 

物も人も風景も、

さらりと表面だけ眺めるのではなく、

細部までしっかり見ることが大切です。

 

「絶対驚かない」と意地を張るのは

 よくありません。

 

「素直に驚こう」「自分から驚きに行こう」

「もっと驚きたい」という前向きな

姿勢が大切です。

 

自分の心にある興味関心の扉を

開いてください。

 

たとえば、雑貨屋さんに行き、

商品を眺めてみてください。

 

雑貨1つも驚きの対象です。

 

形・模様・デザインなど

「何か面白い点はないだろうか」と

考えながら、

商品を観察するのがポイントです。

 

自分から興味を持ちに行くことで、

平凡な商品も、

ユニークに見えてくるでしょう。

 

「変わった形だな」

「きれいな模様だな」

「面白いデザインだな」

 

じっくり細部まで見ると、

驚くべきユニークな点が見つかります。

 

「世の中にはこんなものがある」と

感じるだけでいいのです。

 

驚きの目を大切にすることで、

あなたの脳はどんどん柔らかくなります。

 

素直に驚くことを大切にすると、

自然と発想力も豊かになります。

 

驚く経験を増やすことで、

考え方が柔らかくなって

視野も広がります。

 

気づけば、

発想力も豊かになっているのです。

 

#人生 #面白く #興味 #感心

#ユニーク