so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を面白くする方法<19>

だらだら本を読むのもいい。
 
集中して本を読むのはもっといい。 
だらだら本を読むのもいい。集中して本を読むのはもっといい。 | 人生を面白くする30の方法
 
あなたが本を読むとき、
どんなふうに読んでいますか?
 
受け身の姿勢になって、
だらだら読んでいませんか?
 
もちろんだらだら読むのも
悪くありません。
 
だらだら読むとはいえ、
きちんとした読書です。
 
言い方を変えれば、
リラックスしながら読んでいる状態です。
 
余計な力を入れず、
リラックスしながら読めば、
よいひとときを楽しめるでしょう。
 
活字に沿ってさらりと視線を動かし、
流すような読み方も悪くありません。
 
言葉がすっと頭に入ってきて、
ストレスがありません。
 
しかし、
本の内容をしっかり吸収したいなら、
もっとよい読み方があります。
 
集中しながら読むことです。
 
学生時代を思い出してください。
 
「覚えるぞ」「吸収するぞ」と
集中して読んだ内容は、
記憶にも残りやすかったのでは
ないでしょうか。
 
覚えようと意識したほうが、
記憶力や理解力が高まって、
普段より覚えやすくなったはずです。
 
これは普段の読書でも同じです。
 

「覚えるぞ」「吸収するぞ」と

集中して読んだほうが、

しっかり頭に入ってきやすくなります。

 

積極性が伴うことで、

適度な緊張感が出て、

脳を活性化させるからです。

 

本の内容を掃除機で吸い取っていくような

気持ちで読むと、吸収しやすくなる上、

記憶にも残りやすくなります。

 

どれだけ吸収できるかは、

集中力に比例します。

 

集中力を発揮した分だけしっかり

吸収できるでしょう。

 

たとえば、

ここに書かれている内容も

「覚えるぞ」「吸収するぞ」と

意気込んで読んでみてください。

 

内容を暗記するかのように

集中して読んでみます。

 

しっかり意識すれば、

1週間後や2週間後でも覚えているでしょう。

 

すさまじい集中力を発揮すれば、

一生忘れないかもしれません。

 

集中して読むと、

読書の価値が倍増します。

 

だらだら本を読むのもいいですが、

集中して本を読むのはもっといいのです。

 

#人生 #面白く #読書 #集中

#読者登録