so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を面白くする方法<13>

「素晴らしい」という一言は、
感謝と感動を引き出す言葉。 
「素晴らしい」という一言は、感謝と感動を引き出す言葉。 | 人生を面白くする30の方法
 
平凡な日常から、
感謝と感動を引き出す言葉があります。
 
「素晴らしい」という一言です。
 
どんなに平凡なことでも
「素晴らしい」という一言を使えば、
感じ方がポジティブに変わり、
感謝と感動を引き出せます。
 
たとえば、青空を見たとき
「素晴らしい」と思ってみましょう。
 
いいかげんな気持ちで
「素晴らしい」と思うのではなく、
心から本気で「素晴らしい」と
思うのがコツです。
 
見慣れた光景かもしれませんが、
立派で壮大と認めることで感じ方が
変わります。
 
普通に感じていた青空が、
素晴らしく感じるようになるでしょう。
 
素晴らしい天候に感謝でき、
美しい青空に感動もできるでしょう。
 
青という一色で、
人はこんなにも感動できるのです。
 
雨の日の天気でも
「素晴らしい」と思ってみてください。
 
じめじめしていて、
外を歩きにくいことでしょう。
 
喜びにくい天気かもしれませんが、
考え方次第です。
 
天の恵みであり、ありがたいことです。
 
雨とはいえ、地球の営みであり、
地球が生きている証拠です。
 

素晴らしい自然の風景でもあります。

 

「素晴らしい」と思うことで

ポジティブな点に注意が向くので、

素晴らしく感じられるようになります。

 

毎日普通に食べている食事も

「素晴らしい」と思ってみましょう。

 

食事ができるから元気が出る。

栄養を取るから調子も出る。

おいしいものを食べるからパワーが出る。

生きていけるのも食事のおかげです。

 

肉類なら「命をいただいている」と

感謝しながら食べることです。

 

いっそう

味わいが深く感じられるようになり、

心が揺さぶられるでしょう。

 

毎日普通に食べていた食事でも、

特別な食事に感じてくるようになります。

 

平凡な日常にも「素晴らしい」と

思ってみましょう。

 

平凡な1日でも「素晴らしい」と思えば、

ありがたく思えるようになって、

感動できます。

 

事故も病気もありませんでした。

 

仕事で大きなトラブルもありませんでした。

 

友達も家族も無事です。

 

大きな問題がなく

無事に1日を過ごせたことは、

ありがたいことです。

 

平凡な1日だったかもしれませんが、

素晴らしいと思うことで、

本当に素晴らしく思えてきます。

 

「素晴らしい」という言葉に

回数制限はありません。

10回でも100回でも使えます。

 

何でもいいので、

とにかく「素晴らしい」と

思ってみましょう。

 

練習もお金も必要なく、

今すぐ使えます。

 

使う度に平凡なことが

特別なことへと感じ方が変わり、

感謝と感動を引き出せます。

 

特にあなたが

「平凡」と思っていることほど、

使う価値があります。

 

日常には素晴らしいことが

あふれていると気づけるはずです。

 

感謝・感動の少ない人生より、

感謝・感動の多い人生のほうが豊かです。

 

たったこれだけで、

あなたの幸福度が上がるのです。

 

#人生 #面白い #感謝 #感激

#ポジティブ