so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を面白くする方法<04>

得するほうより、
面白いほうを選ぼう。
得するほうより、面白いほうを選ぼう。 | 人生を面白くする30の方法
 
人生では、
選択肢に迷う場面があります。
 
本選びで迷ったとき、
仕事選びで迷ったとき。
 
そんなとき、
よく選ぶ基準になるのは「お金」です。
 
お金は「数字」として表現できるため、
メリットも具体化しやすい。
 
「100円の節約になる」
「1万円の得がある」など、
具体的な数字でメリットの程度を計れます。
 
お金は、最もシンプルで分かりやすい
基準と言っていいでしょう。
 
そのため選択に迷ったときも、
経済的メリットを基準にして、
決めてしまいがちです。
 
「少しでも安いほうを選ぶ」
「少しでも稼げるほうを選ぶ」などです。
 
経済的なメリットが大きいと、
コストパフォーマンスも高くなるため、
お得感があります。
 
しかし、ここが落とし穴です。
 
得するほうを選ぶのは、
表向きは賢明な判断に思えますが、
本当にお得かどうかは疑問です。
 
本選びのとき、
単純に安いほうを選ぶのは注意が必要です。
 
いくら本代が安くても、
内容がつまらなければ、
意味がありません。
 
退屈で吸収しにくく、
ストレスもあるでしょう。
 

最後まで読み切れないなら、

お金を捨てたのと同じことになります。

 

仕事に迷うときも同じです。

 

仕事選びに迷ったとき、

待遇を基準に決めてしまいがちですが、

要注意です。

 

稼げる仕事だとしても、

自分に合っていない内容なら長続きしません。

 

たとえお金は稼げても、

精神的苦痛が多いなら、

途中でやめてしまうでしょう。

 

いくら意気込んでいても、心が持ちません。

 

我慢をしながら続けたところで、

いつか限界に達します。

 

経済的メリットに引かれて選ぶと、

後悔を増やす可能性があるのです。

 

得するほうを選ぶのではありません。

面白いほうを選ぶのです。

 

心がときめくほうを選んだほうが、

自分のためになります。

 

本を選ぶとき、

安いほうより面白いほうを選びましょう。

 

少々値段が高くても、

面白い本を選んだほうがためになるでしょう。

 

楽しみながら読めます。

 

内容も吸収できます。

 

きちんと最後まで読み切れるでしょう。

 

仕事を選ぶとき、稼げるほうより、

面白いほうを選びましょう。

 

待遇が少し悪くても、

面白く感じる仕事なら、

楽しみながら取り組めます。

 

長続きするからこそ、能力が磨かれます。

 

実績もキャリアも積み上げていけます。

 

経済的メリットに引かれて、

選択を間違えないことです。

 

大切なのは、いかに面白く感じるかです。

 

人間は心を持つ生き物ですから、

心が喜ぶことを選ぶのが正解です。

 

面白いほうを選べば、

面白い人生が待っているのです。

 

#人生 #面白い #仕事 #楽しい

#後悔