so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の生き方が上手になる方法<27>

余裕があるように見えるポーズの取り方。
余裕があるように見えるポーズの取り方。 | 人生の生き方が上手になる30の方法
 
「余裕があるように見せたい」
余裕のある雰囲気を出すには、
どうすればいいでしょうか?
 
もちろん理想としては、
本物の余裕を作ることに尽きます。
 
本物の余裕を作る3大要素は
「実力」「経済力」「包容力」です。
 
揺るぎない実力をつけ、経済力を高め、
大きな包容力を身につけます。
 
実力・経済力・包容力が大きいと、
自然と余裕のある動作を実現できますが、
大きな壁があります。
 
「実現には時間と努力が必要」という
壁です。
 
能力を高めたり実績を積んだり
人生経験を増やしたりするには、
どうしても努力と時間が伴います。
 
余裕を見せたくても、
今すぐ実現するのは難しいのです。
 
しかし、諦めてはいけません。
 
余裕がなくても、
余裕があるように見えるポーズを
心がければいいのです。
 
これを心がければ、
今すぐあなたは余裕のある
雰囲気を出せるようになります。
 
では、
余裕があるように見えるポーズとは何か?
 

それは「ゆっくりした動作」です。

 

ゆっくりした動作は、

余裕があるように見える基本であり、

極意でもあります。

 

ゆっくりした動作を心がければ、

余裕がなくても、

余裕のある雰囲気が出るようになります。

 

たとえば、食べ方です。

早食いは避け、一口ずつゆっくり食べます。

 

空腹であっても、

がつがつした食べ方は避け、

ゆっくり食べるのが得策です。

 

落ち着いた食べ方を意識すれば、

余裕のある上品な雰囲気が漂うようになります。

 

話し方も、

ゆっくりした動作を心がけましょう。

 

早口は避け、

ゆっくりした話し方を意識します。

 

急いで伝えたいことがあっても、

心でブレーキをかけ、一言ずつ丁寧に話します。

 

相槌で首を上下に振るときも、

素早くうなずくのではなく、

ゆっくりうなずきます。

 

ゆっくりした話し方を心がけると、

堂々とした雰囲気が出て、

余裕があるように見えてきます。

 

発言内容も自信があるように聞こえ、

説得力を高めるメリットがあります。

 

もし人から批判されても、

にっこりした笑顔で返しましょう。

 

ほほ笑みで返すと、

余裕があるように見えます。

 

歩き方もポイントです。

早足で歩くのは避け、

ゆっくり歩きましょう。

 

必要がある場合を除き、

できるだけ走るのは避けるようにします。

 

歩くスピードは遅くなるかもしれませんが、

余裕を見せる効果は抜群です。

 

急いでいるなら、

歩幅を少し広げて大股で歩くと、

ゆっくりした動作を保ちながら

スピードを出せます。

 

階段を使うときも、1段飛ばしは避け、

1段ずつ歩くようにします。

 

食べ方・話し方・歩き方だけでは

ありません。

 

全体的にゆっくりした動作を心がければ、

自然と落ち着いた雰囲気が出て、

それが余裕に見えてきます。

 

演技でもいいのです。

演技であっても、周りからは余裕が

あるように見えるようになります。

 

何があっても慌てません。

 

たとえ心は焦っていても、

意識的にゆっくりした動作を心がけると、

余裕につながります。

 

この方法は、

ビジネスでもプライベートでも有効です。

 

ゆっくりした動作を心がけると、

自然と上品な雰囲気が出て、

余裕のある様子に見えます。

 

ゆっくりした動作に

難しい技術も必要ありません。

 

あなたの心がけ次第で、

今すぐ実現できます。

 

余裕があるように見せたいなら、

ゆっくりした動作を心がけましょう。

 

しばらくすると周りから

「最近、雰囲気が大人っぽくなりましたね」と

言われるに違いありません。

 

#人生 #余裕 #経済力 #包容力

#実力