so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の生き方が上手になる方法<25>

仕事の準備を必要最低限にすると、
スピードが出る。
仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。 | 人生の生き方が上手になる30の方法
 
行動のスピードを上げる方法の1つ。
それは「最低限の準備」です。
 
十分な準備ではなく、
最低限の準備であることがポイントです。
 
もちろん準備は大切です。
 
責任やリスクが伴う仕事なら、
十分な準備が欠かせません。
 
1つのミスが重大なトラブルを
招く恐れがあるなら、
あらゆる事態を想定して、
準備を整えておく必要があります。
 
少しでもリスクを減らせるなら、
時間がかかろうと小さなことであろうと、
十分な準備を整えておくのが得策です。
 
しっかり準備を整えておけば、
トラブルが発生しても即座に対処でき、
仕事がスムーズに進みます。
 
しかし、どんな仕事でも、
十分な準備を整えようとするのは
得策ではありません。
 
抜け目なく取り組む姿勢は
素晴らしいですが、
完璧にこだわっていると、
必要な準備も膨大になります。
 
時間も手間もかかりすぎてしまい、
仕事を始めるのが遅くなります。
 
お金もかかって経済的にも
厳しくなるでしょう。
 
十分な準備は、
スピードが遅くなる元凶です。
 
どんなことでも、
ミスや失敗を100パーセント
防ぐのは不可能です。
 

完璧に準備を整えようとすると、

エンドレスの作業に陥り、

永遠に仕事を始められなくなるでしょう。

 

そこで取り入れたいのが

「必要最低限の準備」です。

 

軽微な仕事なら、

整える準備の量を減らしましょう。

 

ミスや失敗をしても致命的ではないなら、

必要最低限の準備でOKです。

 

必要最低限の準備ができれば、

さっそく行動を始めましょう。

 

十分な準備には時間も労力もかかりますが、

必要最低限の準備なら、

時間も労力も少なくて済むでしょう。

 

もたもたする必要がなく、

すぐ行動に取りかかれます。

 

お金・時間・労力といった限りある

資源を有効に活用できます。

 

「必要最低限の準備では

十分な仕事ができない」と

思うかもしれませんが、誤解です。

 

追加で準備が必要になれば、

仕事をしながら整えていけばいいのです。

 

「十分な準備でなければいけない」と

いうのは先入観です。

 

あらためて考えると、

必要になってから準備しても

間に合うこともあるはずです。

 

準備は大切ですが、

十分な準備にとらわれないこと。

 

必要最低限の準備でよしとすれば、

取りかかる時間を最短にできます。

 

仕事の準備を必要最低限にすると、

スピードが出るのです。

 

#人生 #生き方 #必要最低限

#行動 #時間