so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の生き方が上手になる方法<11>

お酒で酔うのもいいが、
お酒なしで酔えるほうが、
もっといい。
お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。 | 人生の生き方が上手になる30の方法
 
酔うために飲むものといえば、
お酒です。
 
お酒の主成分はエタノール
 
脳には、有害物質の侵入を防ぐ
脂肪細胞膜が存在しますが、
脂肪と結合したエタノールは、
その膜を通り抜けて脳に到達します。
 
お酒を飲むと、
思考がぼんやりするのは、
エタノールによる作用です。
 
適度な飲酒には、
気分転換やストレス発散の効果が
認められています。
 
しかし、
酔う方法がお酒しかないと
思っているなら誤解です。
 
私たちは本来、
お酒がなくても酔うことができます。
 
それは「没頭」なのです。
 
たとえば、趣味に没頭することです。
 
お酒を飲むと夢見心地の気分になりますが、
趣味に集中しているときも、
夢見心地の気分になれます。
 
人は没頭しているとき、時間を忘れ、
自分を忘れ、現実を忘れます。
 
そして、
楽しくて仕方ない状態になります。
 
趣味に没頭して楽しんでいる瞬間、
誰でもお酒に酔っているような
快感が得られます。
 
よい汗をかいたり、
知識や技術を向上させたり、
ストレスを発散できたりします。

 

これは、お酒で酔うより、

はるかに健全です。

 

脳の中では、

快感物質が大量に放出され、

現実世界にいながら天国を体感できます。

 

気分転換やストレス発散を、

お酒だけに頼らないことです。

 

お酒で酔うのもいいですが、

お酒なしで酔えるほうが、もっといい。

 

安易にお酒を頼るのではなく、

日常範囲の中から酔える対象を

見つけてください。

 

趣味やスポーツだけではありません。

 

旅行や映画鑑賞の時間も、

夢のような心地よい時間になるはずです。

 

時間を忘れるほど没頭できることを

見つけてください。

 

そして、

気分転換やストレス発散をしたければ、

お酒ではなく、まずそれに打ち込むのです。

 

お酒なしで酔えるのは、

レベルの高い酔い方です。

 

没頭は、お酒とは違い、

二日酔いがありません。

 

そのため翌日の体調不良は気にせず、

思いきって楽しめます。

 

もしお酒なしで酔えるようになれば、

あなたの成功は約束されます。

 

お酒で酔うのもいいですが、

お酒なしで酔えるほうが、

もっといいのです。

 
#人生 #没頭 #快感 #趣味
#夢