so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の生き方が上手になる方法<06>

握手をするときは、
手より目を見よう。
握手をするときは、手より目を見よう。 | 人生の生き方が上手になる30の方法
 
「初めまして」
 
そう挨拶をしながら握手をするとき、
視線が大切です。
 
握手をするとき、手を見ていませんか。
 
たしかに握手をするのですから、
手を見るのが自然であるように思えます。
 
手の位置を確認するため、
手を見なければいけません。
 
初対面ということもあり
「間近で相手の顔を見るのが恥ずかしい」という
理由もあるかもしれません。
 
しかし、せっかくの握手も、
相手の目を見ないで伏し目がちでは、
印象が台無しです。
 
下を向いたり目をそらしたりしていると、
嘘や隠し事があるように誤解されるかも
しれません。
 
目を見るのは握手の基本だからこそ、
それができていないと余計な誤解を
招きます。
 
握手は、
相手の目を見ながらするのが基本です。
 
きちんと相手の目を見ながらする
握手が最も好印象。
 
「心をオープンにしている」
「もっと仲よくしたい」
「これからもよろしくお願いします」という
気持ちがしっかり伝わります。
 
握手をするときは、手より目を見ましょう。
 

照れや緊張があって、相手の目を

見るのに抵抗があるかもしれませんが、

きちんと見ることが大切です。

 

にっこりした笑顔で握手ができれば

完璧です。

 

「手の温かい感触」「明るい笑顔」

「アイコンタクト」の3つがそろえば、

第一印象は完璧です。

 

握手は一瞬ですが、

第一印象にかかわる大切な場面なのです。

 

#人生 #生き方 #アイコンタクト

#笑顔 #握手