so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

素の自分を出す方法<05>

仮面をかぶった人は、
偽りの人間関係に悩まされる。
仮面をかぶった人は、偽りの人間関係に悩まされる。 | 素の自分を出す30の方法
 
人間は、
さまざまな仮面をかぶる生き物です。
 
心のごみは、ときとして、
仮面をかぶらせるように強制します。
 
「明るい性格と思われたい」という
気持ちから、本当は明るい性格では
ないのに、明るく振る舞います。
 
「すごい人だと思われたい」から、
自分勝手に自慢話を始めます。
 
「かっこいいと思われたい」という
気持ちから、ブランドを身につけたり、
夜なのにサングラスをかけたりします。
 
「こう思われたい」と理想に
束縛されているために
「自分はどう見られているのか」と、
人の評価を気にする人もいます。
 
これでは、人付き合いに疲れませんか?
 
あなたは、自分を演じていませんか?
 
自分を演じるということは、
大変なことです。
 
ありのままの自分を
出せばいいだけですが、理想があるために
仮面をなかなか脱ぐことができません。
 
仮面をかぶっていると、
本当の自分の顔を出すことができません。
 
本当の自分の顔を出せないのですから、
相手もあなたの本当の顔を見ることが
できません。
 
あなたが「こう思われたい」という
理想にしがみついているがために、
自分から自分の仮面を脱ぐことが
できないのです。
 
誤解をされたままのキャラクターとして、
認識されているのです。
 
Aの仮面をかぶっていると、
見ている人たちはあなたの顔を
Aだと思うでしょう。
 

Bの仮面をかぶっていると、

見ている人たちはあなたの顔を

Bだと思うでしょう。

 

本当の顔は、AでもBでもありません。

 

仮面をかぶっている間は、

どんな仮面をかぶろうが、

いずれにせよ本当のあなたの姿では

ないのです。

 

他人はあなたのことを誤解して、

接するようになります。

 

それもそのはず、

仮面をかぶっているのですから、

そういう顔だと思われるのも

仕方ないことです。

 

「これは本当の自分の姿ではない」と、

うすうす気づいていながら、

いつまで経っても仮面を脱ぎ捨てることが

できないのです。

 

かっこつけているがためにです。

 

人間関係のごちゃごちゃ、

気持ちのごちゃごちゃ、

人生のごちゃごちゃに悩む人は、

仮面をかぶっているからです。

 

仮面をかぶって自分ではない顔を

出しているために、周りの人たちは

誤解したままあなたに接してきます。

 

仮面をかぶっている間は、

偽りの人間関係に悩まされます。

 

仮面をかぶっているかぎり、

あなたではない顔をしているのですから、

誤解は解くことはできず、

ごちゃごちゃのままになります。

 

仮面を脱ぎ捨てる勇気をもちましょう。

 

たしかに弱い自分を

さらけ出してしまうことは、

恥ずかしいことではあります。

 

しかし、仮面を脱いだときから、

本当のあなたの人生がスタートするのです。

 

素直に自分の顔を出すと、

ごちゃごちゃもなくなり、

すべてがあなたらしくなります。

 

それだけ、演じるということは、

疲れることなのです。

 

#素 #仮面 #人間関係 #方法

#読者登録