so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の正しい生き方に気づく言葉<27>

事情があって、
お墓参りに行けないときのマナー。
事情があって、お墓参りに行けないときのマナー。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉
 
お墓参りは、
行かないより行ったほうがいい。
 
今の自分がいるのは、ご先祖様のおかげ。
 
せめてお墓にお供え物と祈りを捧げて、
供養したいものです。
 
これは誰でも同じ考えでしょう。
 
しかし、事情があって、
お墓参りに行けないときもあるはずです。
 
ご先祖様も、
あなたが忙しいのは理解しているでしょう。
 
仕方ない状況なのですから、
あまり自分を責めないことです。
 
お墓参りに行けないことで自分を責めると、
ご先祖様はかえって心配します。
 
では、何もしないかというと、
そうではありません。
 
そんなときは、
せめて心の中で祈りましょう。
 
お墓のある方向に向かって、目をつぶり、
頭を下げ、静かに祈りを捧げます。
 
正式なお墓参りではありませんが、
何もしないよりはよい行いです。
 
ご先祖様の身になってみましょう。
 

お墓参りの本質とは、

ご先祖様の霊に供え物をして、

冥福を祈ること。

 

ご先祖様に感謝を伝え、

これからも頑張る決意を伝えること。

 

それは、お墓にある場所へ

行かなくてもできます。

 

供え物はできませんが、

あなたの心のこもった祈りがあれば、

代わりになります。

 

その代わり、次にお墓参りに行くときは、

いつもの2倍の気合を入れておくと

いいでしょう。

 

お供え物も少し多めにしておくと、

ちょうどよいバランスになるでしょう。

 

#人生 #言葉 #お墓参り