so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生の正しい生き方に気づく言葉<21>

悪口を言っていると、
どんどん頭が悪くなる。
 
褒め言葉を言っていると、
どんどん頭が良くなる。
悪口を言っていると、どんどん頭が悪くなる。褒め言葉を言っていると、どんどん頭が良くなる。 | 人生の正しい生き方に気づく30の言葉
 
悪口と褒め言葉。
2つを比較すると、
語彙と表現の大きな違いに気づきます。
 
悪口といえば、
次のような言葉が思い浮かびます。
 
「ばか」
「死ね」
「まずい」
「最低」
悪口は全体的に、
文章より単語が中心です。
 
しかも悪口は、
種類があまり多くありません。
 
限られた種類の言葉を、
単純な使い方しかしないため、
語彙も表現も乏しくなるのです。
 
一方、褒め言葉はどうでしょうか?
 
「素晴らしい才能に感服いたしました」
「細かいところまで仕上がっていて、
 感動した」

「おいしい料理で感動しました。

 とろけるような味わいですね」

「部屋がきれいで、清潔感がありますね」

 

褒め言葉は全体的に、

単語より文章が中心です。

 

人間心理として、感動は、

言葉数が多くなる傾向があります。

 

褒め言葉を言うためには、

相手の細部まで見なければいけないため、

鋭い思考力も要求されます。

 

また素晴らしさは、

言葉で表現しにくいものが目立ちます。

 

そのため、褒めるためには、

言葉の繊細な表現が要求されます。

 

「どう表現すればいいだろうか」と

考える経験を通して、

思考力や表現力が磨かれます。

 

褒め言葉を言っていると、

語彙と表現がどんどん豊かになり、

頭がよくなるのです。

 

#人生 #言葉 #褒める