so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

ポジティブ思考になる方法<17>

暗い時期は、
暗いからこそできる仕事に専念すればいい。
暗い時期は、暗いからこそできる仕事に専念すればいい。 | ポジティブ思考になる30の方法
 
私たちは、夜がやってきても、
怖くありません。
 
夜が来ても、いずれまた
日が昇ることを知っているからです。
 
そういうものだと知っているだけで、
うろたえることがなく、
安心して夜を迎えることができます。
 
夜になったら、
また日が昇ったときに活動できるように、
素直に寝るのが一番です。
 
人間の活動に暗い夜がなければ、
休むことができず、
体力がもたなくなります。
 
夜の仕事は寝ることであり、
体力・精神を回復させることです。
 
夜には夜の意味があり、
暗いなら暗いからこそできることを
今のうちにしておくことです。
 
あなたの人生においても、あるとき、
暗くなる時期があることでしょう。
 
運が悪い時期、ついていない時期、
何をやってもうまくいかない時期も
あることでしょう。
 
本当に真っ暗で、
何も見えなくなるときがあるかもしれません。
 
そういう時期は、
そういう時期だからこそできることに
専念します。
 
また機運が回復する時期まで、
堂々と構えているだけでかまいません。

 

 

暗い夜の次は、明るい朝がやってきます。

 

どんなに暗い夜も、

明けない夜はありません。

 

明るい時期がやってきたときに

しっかり活動できるように、暗い今のうちに

できることはしておくことです。

 

暗いときには、暗いからこそできる仕事に

最大の集中を払えばいいのです。