so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

魅力的な人になる方法<30>

人の悩みを聞くのは、
人助けになるだけでなく、
自分のためにもなる。
人の悩みを聞くのは、人助けになるだけでなく、自分のためにもなる。 | 魅力的な人になる30の方法
 
忙しいときには、
友達の悩みを聞いている余裕がありません。
 
困っている人を助ける余裕がありません。
 
「他人の悩みを聞いてなんかいられない!」と
無視して、走りすぎます。
 
こういう人に限って、
いつまでも忙しさから開放されることがなく、
いつか自分が失敗します。
 
なぜ、
いつまでも忙しさから開放されないのでしょうか?
 
他人の悩みを聞いていないからです。
 
忙しくても、人の悩みを聞いていたほうが、
時間に余裕ができます。
 
人の悩みを聞くだけで、
心の余裕ができることに気づくことです。
 
他人の悩みを聞くだけでいい。
 
悩みを持っている人は聞いてくれるだけでも、
助かります。
 
悩みを聞けた人は
「自分も同じようなことになるかもしれない。
気をつけよう」と振り返って反省できます。
 
失敗を未然に防ぐことができるようになります。
 
失敗が減り、
人生のショートカットができるようになり、
時間ができるわけです。
 
人の悩みを聞くのは、人助けになるだけでなく、
自分のためにもなります。
 
人の話を聞いていないと、
単純なところで失敗してしまい、
時間のロスが発生します。
 
人助けと思って人の悩みを聞いていた人は
「自分も同じことになるかもしれない」と
反省して、失敗を未然に防げます。
 
助ける人が、助けられます。
 
他人の悩みを聞ける人は、
自分の悩みがどんどん減っていきます。
 

不思議なことですが、本当の話です。

 

私はいろいろな人から、

悩みをよく聞かせてもらいます。

 

今まで自分の参考にならなかった

話はありません。

 

リストカット、子育ての悩み、

親との不和、人間関係の悩み。

 

そうした悩みを聞くたびに

「自分も気をつけよう」と反省できます。

 

悩みを聞けば聞くほど、

私の人生を振り返り、注意できます。

 

おかげでトラブルが減っています。

 

一番悩みを解決しているのは、

私かもしれません。

 

人の悩みを聞いて、

むしろ私のほうが助けられている

感じがします。

 

時間に余裕があるときに、

話を聞くのではありません。

 

時間に余裕がないからこそ、

話を聞くのです。

 

聞けば聞くほど、自分と向き合うことができ、

人生に余裕が出るようになります。

 

助けている側のはずですが、

むしろ助けられているのです。