so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

明るい性格になる方法<29>

人の心は、
読むものではなく、
感じるもの。
人の心は、読むものではなく、感じるもの。 | 明るい性格になる30の方法
 
人間関係において、
相手の気持ちを大切にしながら付き合いを
するというのは大切なことです。
 
相手の気持ちを考えずに、
自分のことばかり考えていたのでは、
仲良くなることができません。
 
やはりできるかぎり、
相手の気持ちを考えて付き合いをしていくのが、
上手な人付き合いのコツです。
 
しかし、
相手の気持ちを大切にしようとして、
つい人の心を読んでしまおうと考える人がいます。
 
相手の気持ちを知ることはたしかに大切ですが、
読むものではありません。
 
感じるものです。
 
人の心を読もうとすると、
つい、あなたらしからぬ行動に出てしまいます。
 
相手に不快な質問や不自然な芝居を演じてしまい、
自分らしくない行動になります。
 
相手と自然なお付き合いを続けていくために、
心を読み取ろうとすることは、
相手を「試していること」になります。
 
相手を試してまで心を読み取ろうとすることは、
失礼なことです。
 
心は読むものではなく、感じることです。
 
相手の気持ちは、
日常生活を通して気持ちを
「感じて」いくものなのです。
 
あなたの心のセンサーを、
敏感にしているだけでいいのです。
 
いつもより敏感にすることで、
自然と相手の気持ちが感じ取れるようになります。
 
相手の、
いつもとは違う「らしくないところ」は、
仲のいいあなただからこそ気づけることなのです。