so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

素直
ありがとうございますという感謝言葉える
素直に「ありがとうございます」という感謝の言葉を伝える。 | 人から愛される30の言葉の習慣
 
くの人から愛される小さな言葉の習慣は、
まず「ありがとうございます」という一言です。
 
これに勝る素晴らしく温かい
言葉はありません。
 
だからこそ、強調しておきたい内容です。
 
あなたが困っているときに、
知人や友達が助けてくれることがあります。
 
そのとき、
当たり前の感謝の言葉を伝えているでしょうか?
 
人によっては「ありがとうございます」という
一言をいうのが恥ずかしいと
思っている人がいます。
  • 「別に感謝を言うことのほどでもない」

 

  • 「面倒」

 

  • 「恥ずかしい」

 

たしかにささいなことなら、

そのまま無言で流してしまいそうになります。

 

気持ちは理解できます。

 

しかし、

大切な言葉を伝えるチャンスを逃しています。

 

ささいなことまで素直に

「ありがとうございます」という

感謝の言葉を伝える習慣を、

いま一度、再確認しましょう。

 

これは慣れが必要です。

 

普段から「ありがとう」と言い慣れていないと、

余計に言いにくくなります。

 

普段から

「これくらい感謝を伝えるほどでもない」と

思っていると、だんだんその考えが

エスカレートします。

 

その結果、

お礼を言うタイミングや行動力が

乏しくなってしまいます。

 

無口な人は無口でかまいませんが、

感謝の言葉だけは必ず伝えることです。

 

どんなに無口でも印象が

悪くなることはありません。

 

いま一度、お世話になったときに

「ありがとうございます」という

気持ちのいい言葉を伝えましょう。

 

口にしなくて関係が悪くなることはあっても、

口にして関係が悪くなることはありません。

 

誰でも自分のしたことに

「ありがとうございます」という

言葉が返ってくると「助けてよかったな。

 

また困ったときは助けてあげよう」と

思います。

 

そこで人間関係の絆が1つ深まっています。

 

難しく考えすぎないことです。

 

お世話になったときや助けてもらったときには、

素直に「ありがとうございます」という

言葉です。

 

特に両親へ口にすることです。

 

両親ほど言うのが恥ずかしい相手はいません。

 

両親に感謝を口にできるようになれば、

誰にでも口にできるはずです。

 

単純なその一言で、

人付き合いの運は広がるのです。