so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

大切な日常言葉<25>

「本当
「本当は」 | 当たり前だけど大切な30の日常言葉
 
話では、本とは違い、
どこが大切な部分なのか分かりにくいときが
あります。
 
本では大切な部分が太字で書かれていたり、
大きく書かれていたりしているため、
見てすぐ分かります。
 
それに対し、会話では、
声の強弱程度でしか意味の強さを
表現できません。
 
日常会話で、声を大きく荒らげるのは、
品がありません。
 
そんなときの決まり文句があります。
 
「本当は」を使うのです。
 
日本には
「本音と建前」という文化があります。
 
日本人ですら、
どの言葉が本当の言葉なのかが分かりにくいと
感じることがあります。
 
しかし、相手が真剣な表情を浮かべて
「本当は」と言えば、後に続く言葉は、
本物です。
 
私も大切なことを話すときは
「本当は」と言って、
言葉の重みを意図的に重くさせて話をします。
 
もし、相手が「本当は」と言ったら、
本音が聞けるチャンスです。