so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

大切な日常言葉<12>

 

もっと
「もっと」 | 当たり前だけど大切な30の日常言葉
 
っと」という言葉は、
大きなパワーが込められた一言です。
 
しかし、使い方1つで、人を偉人にさせ、
一方で人をダメにさせてしまう言葉です。
  • 「もっと話が聞きたい」

 

  • 「もっと頑張って」

 

  • 「もっと欲しい」

 

いい響きにも、悪い響きにもなります。

 

「もっと」は、よい意味で使いましょう。

 

「もっと仕事ができるようになりたい。

もっと勉強したい」という

「向上心」で使うといいのです。

 

私も日頃から「もっと」を心がけています。

 

ここでとどまらないためにも、

もっと前に進みたい欲求があります。

 

それが私にとっての

精神的なエネルギーになっています。

  • 「もっと欲しい」

 

  いい響きにも、悪い響きにもなります。

 

「もっと」は、よい意味で使いましょう。

 

「もっと仕事ができるようになりたい。

もっと勉強したい」という「向上心」で使うといいのです。

 

私も日頃から「もっと」を心がけています。

 

ここでとどまらないためにも、

もっと前に進みたい欲求があります。

 

それが私にとっての

精神的なエネルギーになっています。