so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

幸せな気分になる方法<18>

むかつきは、
すよりんだほうが、
にいい
むかつきは、吐き出すより飲み込んだほうが、体にいい。 | 幸せな気分になる30の方法

 

常生活では、

むかむかすることがあります。

 

むかつきは、不快感の塊です。

 

こみ上げるような不快感があると

「気持ち悪い」と思い、

すぐ吐き出したくなります。

 

吐き出すのも、1つの解消方法です。

 

吐き出した瞬間、

すぐ気持ちよくなります。

 

 

しかし、

むかつきをすぐ吐き出すのは、

最善の解決策ではありません。

 

人にぶつけると、喧嘩になります。

 

壁にぶつけると、穴が開きます。

 

周りの人が驚いて、

近寄りにくくなります。

 

むかつきを吐き出せば、

すぐ解決しますが、

副作用が大きいです。

 

しかも、

本質は解決していません。

 

吐き出すのは、逃避の1つです。

 

むかつく現実から目を背けているだけです。

 

では、どうするのかというと、

吐き出すのではなく、飲み込むのです。

 

むかつくことは、食べ物とは違い、

消化に時間がかかります。

 

むかつきを飲み込むと、

初めは気持ち悪いですが、

時間をかけて消化していきましょう。

 

むかつきは、

自分が成長するためにあります。

 

むかつきは、栄養の塊です。

 

自分が成長するため、飲み込むものです。

 

自分なりに、

むかつきの消化を心がけることで、

体の栄養になります。

 

理性を保つトレーニングになります。

 

気持ちの整理の仕方を学ぶこともできます。

 

現実の問題点を見つめて、

改善するきっかけにもなります。

 

きちんと消化できるまで、

1週間かかるときもあれば、

1カ月かかるときもあります。

 

1年以上かかることもあります。

 

時間がかかってもいいですから、

消化することが大切です。

 

むかつきをきちんと消化できるようになったとき、

一回り大きな自分に出会えます。