so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を楽しく生きる方法<31>

クリーニングそうかったら、
したほうがいい

 

リーニングに出そうか迷う場面があります。

 

たとえば、一度着用したが、

まだ十分きれいな状態のときです。

 

着用時間が短いときもあるでしょう。

 

しわもなく、目立った傷もない。

 

汚れているわけでもなければ、

におっているわけでもない。

 

しわ・汚れ・においが目立つなら、

迷わずクリーニングに出しますが、

特に目立った変化がなければ迷います。

 

「まだ着ることができそうだ」と思う。

 

迷う気持ちを加速させるのは、

クリーニング費用です。

 

クリーニング費用のことを考えると

「お金がもったいない」という

気持ちが湧いて、ますます迷います。

 

  • 「クリーニングに出そうかな。でも、まだ十分きれいだからこのままでも問題はなさそう。どうしようか」

 

クリーニングに出そうか迷ってしまうのです。

 

しかし、結論から言うと、

クリーニングに出そうか迷ったら、

出したほうがいい。

 

クリーニングに出そうか迷うということは

「不安要素がある」と言えるでしょう。

 

服の状態を、

見た目だけで判断するのは要注意です。

 

見た目はきれいであっても、

汗や垢が布の繊維の深くに染み込んでいます。

 

今は大丈夫でも、

放置してしばらく時間が経つと

悪影響が出てきます。

 

布の奥で菌が繁殖して、

黄ばみやにおいの原因を作ります。

 

あまり長時間放置していると、

繊維を損ねたり変色を促したりして、

クリーニングで取れない場合があるのです。

 

ですから、クリーニングに出そうか迷ったら、

出しておくのがいいでしょう。

 

大事な服や高価な服なら、なおさらです。

 

服を大事にすることで、

服の寿命も長くなります。

 

クリーニングに出すと、

清潔感と安心感があります。

 

クリーニング代は

「気持ちよい気分になるための費用」と

思えばいいでしょう。

 

クリーニングに出した直後の服を着ると、

清潔感のあるにおいも漂い、

テンションも高くなります。

 

のりの利いたシャツに腕を通すと、

新鮮な気持ちになります。

 

すがすがしい気持ちになると、

ビジネスもプライベートもスムーズになります。