so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

人生を楽しく生きる方法<15>

旅行大切なのは、
どこにくかより、
どれだけしめるか

 

型連休があれば、

バカンスで旅行に行くことがあるでしょう。

 

旅行となれば、わくわくした気持ちが止まらず

「しっかり遊ぼう」「思いきりはじけよう」と

気合が入ります。

 

少しお金はかかりますが、

貴重な機会なので存分にチャンスを

生かすことが大切です。

 

バカンスの定番は、やはり旅行でしょう。

 

国内旅行で、大自然のある場所に行き、

たっぷり癒やされることもあるでしょう。

 

海外旅行で、新鮮な文化や価値観に触れたり

有名観光地を回ったりして、

充実した時間を送ることもあるでしょう。

 

さて、旅行といえば

「どこに行くか」という点に

注意が向きがちです。

 

行き先を決めなければ、

旅行のしようがありません。

 

「旅行できるならどこでもいい」と

思う人もいるかもしれませんが、

要注意です。

 

安易で適当な選び方をすると、

せっかくの旅行が期待外れで

終わることがあるからです。

 

疲れているときに、

わざわざ人混みの多い場所に行くのは、

ストレスがかかるでしょう。

 

夏に暑い場所へ行ったり、

冬に寒い場所へ行ったりするのもいいですが、

気分転換の効果が半減するでしょう。

 

海に興味がない人が、

ビーチやマリンスポーツの多い場所に行っても、

感動が小さいかもしれません。

 

気分転換やリフレッシュが目的ですから、

期待外れが多くなると、

バカンスの意味がありません。

 

旅行で大切なのは、まず目的です。

 

つまり、どこに行くかより、

どれだけ楽しめるかです。

 

最初に旅行の目的を決めて、

目的に合った旅行先を決めるのがお勧めです。

 

癒やされたいなら、

自然が豊かな土地のある場所がいいでしょう。

 

芸術に触れたいなら、

美術館や博物館など芸術の集まる場所が

いいでしょう。

 

たっぷりマリンスポーツを楽しみたいなら、

きれいな海や美しいビーチで定評の

場所がいいでしょう。

 

買い物を楽しみたいなら、

デパートやショッピングモールの多い

旅行先がいいでしょう。

 

楽しんでこそ旅行であり、バカンスです。

 

「どれだけ楽しめるか」という点で

旅行の行き先や過ごし方を考えると、

バカンスがより有意義になります。

 

英気を養う時間になり、

印象深い思い出にもなるでしょう。

 

結果として、

質の高い時間を送ることができるのです。