so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

人生を楽しく生きる方法<10>

本来持っている魅力は、
最大限かさないと、
人生をする

 

なたには、

本来持っている魅力があります。

 

魅力といえば、

どんなイメージを浮かべるでしょうか?

 

「魅力」という言葉の響きのせいでしょうか。?

 

おそらく得意や長所など、

ポジティブな特徴を思い浮かべることが

多いのではないでしょうか?

 

しかし「魅力=得意・長所」と

考えるのは早計です。

 

先入観や固定観念にとらわれず、

自分のさまざまなポイントに目を向けましょう。

 

そして長所・短所という枠にとらわれず、

本来持っている魅力に気づいてください。

 

たとえば「癖毛」という特徴があるとします。

 

「癖毛も魅力の1つ」と考えてみることです。

 

「自分の癖毛が嫌い。魅力でも何でもない。

むしろ短所だ」と思うかもしれませんが、

本当にそうでしょうか?

 

ネガティブに思える特徴でも、

見方によっては魅力に変わります。

 

生まれつき癖毛なら、パーマを当てなくても、

常にパーマが当たっている状態を維持できます。

 

お金も時間も労力もかからないので、楽です。

 

「天然パーマ」と呼び名を変えるだけでも、

少しおしゃれに感じるでしょう。

 

また癖毛だからこそできる髪型もあります。

 

癖毛なら、

癖毛の魅力を引き出す髪型にするといいでしょう。

 

癖毛だからこそ、

ほかの人とかぶりにくい特徴なので、魅力です。

 

「変わった声」という特徴があるなら

「変わった声も魅力の1つ」と

考えてみましょう。

 

声の特徴を生かせば、

声優としての道が切り開けるかもしれません。

 

もちろん恋愛でも「その声が好きだ」と

褒めてくれる人がいるはずです。

 

自分の魅力を誤解していませんか?

 

自分が「悪い」と思い込んでいるだけで、

人から見ると「個性」「ユニーク」「面白い」と

思うはずです。

 

一見短所に思えることでも、

生かし方を工夫すれば、必ず魅力になります。

 

どうか自分の魅力に気づいて、

最大限に生かしてください。

 

生まれつき持っている特徴は、

あなたの大切な個性であり、

魅力であり、宝です。

 

本来持っている魅力は、最大限に生かさないと、

人生で損をします。

 

たとえ嫌いなコンプレックスであっても、

生かし方によっては、

魅力に化ける可能性があります。

 

自分の魅力は、抑え込むのではありません。

 

抑え込むのではなく、

どんどん引き出していきましょう。

 

魅力は、生かすためにあります。

 

本来持っている魅力を最大限に生かすことで、

生活上のストレスが減り、武器になります。

 

人生の可能性が広がって、

多くの得が得られるようになります。