so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

やる気を出す方法<11>

「負けたくないという意識が、
やる変換される

 

る気を出すためには、

競争を意識する手もあります。

 

わざと他人を意識します。

 

自分一人でやっていると、

自分が今どの辺りの位置なのかを

確認しにくいため、迷子になります。

 

そこで、

自分の今の位置を確かめるために

競争相手を作るのです。

 

競争相手は、誰でもかまいません。

 

自分と目指している方向が同じ人なら、

いい競争相手になるでしょう。

 

私が、

本を書こうとやる気が出たきっかけは、

ある作家の影響があります。

 

浅見帆帆子さんという作家が、

自分と年が近いことに触発されました。

 

私も将来は本を出したいと思っていたので、

26歳という若さで本を出している

人がいることを知り、競争心が燃えたのです。

 

しかも彼女の本は、いいことを書いていて、

感動的な内容です。

 

素直にすごいなと思いましたし

「負けていられない」と奮起したのです。

 

参考までにご紹介させていただきます。

 

『分かった! 運がよくなるコツ』

(浅見帆帆子/廣済堂

 

これは、私が1人で勝手に

「負けてはいられない」と

競争心を燃やしているだけです。

 

ですが、

この「負けないぞ」というパワーは、

思ったより大きくやる気が出るのです。

 

「勝ちたい」より「負けたくない」という

意識が、強いやる気に変換されます。

 

長期的な競争のストレスは、

本人の害になりますが、適度なストレスは

とてもいいカンフル剤になります。

 

やる気を出すには、

誰かと競争するだけでいいのです。