so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

気楽に生きる心の習慣<07>

早起きすると、
1日じられる

 

く起きれば起きるほど、

1日が長く感じられます。

 

起きるのが遅くなればなるほど、

1日が速く感じられます。

 

それが時間の法則です。

 

今日、あなたは何時に起きましたか?

 

たとえば、夜遅くまで友達とお酒を

飲んだ翌日のことを思い出しましょう。

 

起きるのが遅いと、

1日があっという間に終わってしまいます。

 

昼近くになって起きることになるからです。

 

昼ごろに起きると、

あっという間に夕方になり、

気づけば夜です。

 

  • 「もう1日が終わりなのか……。早いなあ……」

 

時間のたつ早さに、驚きます。

 

タイムスリップをしたようです。

 

起きるのが遅いうえに、

起きた後もだらだらしてしまうので、

時間の流れが速く感じられます。

 

1日を長く感じたければ、早起きが一番です。

 

早起きすればするほど、

1日が長く感じられます。

 

朝日は、

人間の時間の経過を遅くさせます。

 

朝日を浴びると、

その人の感じる時間の流れがゆっくり

感じられるようになります。

 

そういう特殊な光です。

 

朝の1時間は、

夜の3時間にも4時間にも相当します。

 

朝早起きして、

朝日を浴びながら散歩をしてみましょう。

 

ゆっくり歩いていると、ほんの1時間でも

大変長く感じられるはずです。

 

起きるのが早いので、

使える時間がたっぷりできて、

その上体感する時間の経過も

ゆっくり感じられます。

 

1日は24時間であり、変動しません。