so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

運がいい人の習慣<22>

いらいらしていたくなった言葉は、
えばいい

いらいらして言いたくなった言葉は、次の日に言えばいい。 | 運がいい人の30の習慣

 

なたはいらいらしたとき、どうしていますか?

運がよくない人は、いらいらした瞬間に、

思わず妬みや恨みを吐き出します。

 

  • 「むかつくなあ」

 

  • 「疲れたなあ」

 

  • 「あの人、嫌い!」

 

思った瞬間にマイナスの言葉を吐くのは、

心にも体にもよくありません。

 

そういう言葉を吐き出すことは、

自分でそれを認めてしまうことです。

 

認めてしまうと、もっとつらくなります。

 

余裕がなくなれば、思わず人にひどく当たったり、

仕事でミスをしやすくなったりします。

 

怒りは敵と思いましょう。

 

思ったことをすぐ言ってしまうと、

相手から恨まれ、

人間関係が悪くなるかもしれません。

 

では、運がいい人はどうするのでしょうか?

 

言いたいことがあっても言わず、

ただ我慢するだけでしょうか?

 

いいえ、運がいい人は、一工夫をします。

 

「言いたいことは、次の日に言う」という

工夫です。

 

日本のことわざに

「言いたい事は明日言え」という

言葉があります。

 

いらいらしてどうしても言いたいことがあれば、

すぐ口に出さず、よく考えて、

次の日に言うことです。

 

一晩置いて、頭を冷やして冷静になれば、

失言を防げますし、

よりよい解決策も思い浮かびやすくなるでしょう。

 

いらいらしたときには、

妬みや恨みをすぐ吐き出さず、

まず深呼吸をしてぐっとこらえましょう。

 

大きく息を吸い込んで、心を落ち着かせます。

 

どうしても言いたいことがあるなら、

一晩寝てから、次の日に言えばいい。

 

頭を冷やす時間を作れば、

ささいなことで怒りを

感じていたことに気づくことでしょう。

 

時間を置くほうが、

問題が解決しやすくなるのです。