読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

毎日を楽しく過ごす方法<30>

 
は、
2とおりしかない
 
最初をして苦労するか、
最初苦労してをするか
生き方は、2とおりしかない。最初に楽をして後で苦労するか、最初に苦労して後で楽をするか。 | 毎日を楽しく過ごす30の方法

 

き方を大きく分けると、

2とおりしかありません。

 

1つ目は「最初に楽をして、

後で苦労する生き方」です。

 

学生時代に勉強をせず、

遊んでばかり過ごします。

 

楽しくて楽ですが、その代わり、

後で苦労します。

 

勉強をサボったため、大人になってから

分からないことが多くて、苦労します。

 

勉強が遅れているため、

仕事でも認められにくくなります。

 

給料もたまりにくいため、

お金がなくて、さらに苦労が増えるのです。

 

苦労から逃げたいと思いますが、

逃げられません。

しわ寄せは、必ずやってきます。

 

もう1つの生き方は「最初に苦労して、

後で楽をする生き方」です。

 

学生時代、一生懸命に学問に励みます。

 

苦労もストレスも多い日々を送りますが、

その代わり、後で楽になります。

 

勉強をしっかりすればするほど、

知識や見聞が豊かになり、

世の中が面白く見えてきます。

 

しっかり勉強して学問を身につけてきたため、

仕事でも認められやすいです。

 

仕事で認められやすければ、

給料も上がりやすくなり、

生活も楽になるのです。

 

もちろんどちらの生き方でもいいです。

 

ただし、私としては、

最初に苦労する生き方をおすすめします。

 

年を取ってからの苦労は、大変だからです。

 

年を取るにつれて、体力も記憶力も落ちます。

 

衰えてからの苦労は、大変です。

 

思うようにはいかず、若いときより、

何倍も苦労するのです。

 

若いうちなら、体力も記憶力もあります。

 

苦労はいえ、余裕があるため、

小さな苦労で済みます。

 

本当のところ、

苦労は若いうちにしたほうがいいのです。

 

若いうちに苦労は、買うくらいでいいです。

 

若いうちに苦労を買うと、

実は節約になります。

 

勉強に投資したお金は、

後から倍になって返ります。

 

人生の最初で苦労しておくと、

後の人生が楽になるのです。