so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

毎日を楽しく過ごす方法<13>

せに理由はないが、
不幸には理由がある

幸せに理由はないが、不幸には理由がある。 | 毎日を楽しく過ごす30の方法

 

うすれば幸せになれますか」と聞くのは、

ナンセンスです。

 

幸せは、なるものではありません。

 

気づくものです。

 

幸せは、日常の至る所に点在しています。

 

当たり前のことをして、

当たり前のことに感謝するだけです。

 

たとえば、人と会ったとき、挨拶をします。

 

楽しい会話を心がけ、たくさん笑います。

 

食事はよく噛んで、しっかり味わいます。

 

仕事はサボらず、一生懸命します。

 

これだけです。

 

当たり前のことをして、

当たり前に感謝すれば、幸せを感じます。

 

人との触れ合いに喜びを感じ、

おいしい食事に満足感が得られて、

仕事が充実します。

 

幸せには、理由がないのです。

 

しかし、不幸には、理由があります。

 

人と会えば、粗探しをします。

 

食事のときは「まずい」というのが、

口癖です。

 

仕事ではサボってばかりであり、

口にするのは会社や上司への悪口ばかりです。

 

一言で言えば、当たり前ができていません。

 

当たり前をしていないから、

当たり前の幸せが感じられないのです。

 

当たり前に対して感謝を忘れる人は、

不幸になります。

 

幸せを目指すより、不幸を避けることです。

 

不幸には、理由があります。

 

不幸になる理由を改め、

当たり前のことを大切にしましょう。

 

当たり前のことをして、

当たり前に感謝をするだけです。