読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

気持ちが楽になる言葉<17>

には、
所有者人柄性格がよくれる

持ち物には、所有者の人柄や性格がよく表れる。 | 気持ちが楽になる30の言葉

 

ち物には、

所有者の人柄や性格がよく表れる部分の1つです。

 

自分が選び、自分のお金で買い、

頻繁に使う持ち物。

 

だからこそ、

持ち主の内面がよく表れる点でもあります。

 

あなたの持ち物は

「もう1人の自分」と考えながら見てください。

 

もちろん人と持ち物は別々の存在ですが、

持ち物には、持ち主の人柄や性格が

反映されやすい傾向があります。

 

つまり、持ち物を見れば、持ち主の

人柄や性格も分かってしまうというわけです。

 

自分の持ち物を振り返ってみましょう。

 

たとえば、カバン・財布・文房具です。

 

整ったきれいな状態であれば、

物を大事に扱う人であると分かります。

 

丈夫なタイプを選んで使っているのなら、

1つの持ち物を長く使い続けたい

気持ちがあるのでしょう。

 

派手なタイプを選んでいるのなら、

見栄や虚栄心が強い可能性があります。

 

飾り気のないタイプであれば、無駄を嫌い、

シンプルを好む性格なのでしょう。

 

財布の中が、領収書やカードなどで

いっぱいになっていないでしょうか?

 

それは、お金に対する不注意や無関心が

反映されているといえます。

 

カバンやバックの掃除を怠り、

ぼろぼろで汚れた状態になっていないでしょうか?

 

それは、

自分のだらしない性格を反映しているといえます。

 

あくまで1つの目安ではありますが、

自分の人柄や性格を客観視するときに役立ちます。

 
これを応用すると、面白いことができます。

 

持ち物には、

持ち主の人柄や性格が反映されやすい状況を、

自分ではなく、他人に向けてみてください。

 

たとえば、友人の持ち物を見れば、

客観的に友人の人柄や性格を

かいま見ることができるでしょう。

 

中途半端な心理テストより、よく当たるはずです。

 

持ち物には、

所有者の人柄や性格がよく表れるのです。