so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

気持ちが楽になる言葉<11>

出来事こるのは、
がいいともえる

運の悪い出来事が起こるのは、運がいいとも言える。 | 気持ちが楽になる30の言葉

 

みくじを引くと「凶」が出た。

 

駅に入った瞬間に電車が発車して、

ぎりぎり間に合わなかった。

 

舞台を予約しようとしたところ、

中央の席は埋まっていて、

端の席しか空いていなかった。

 

こんなとき「ついてない」

「運が悪いなあ」と悲観します。

 

運が悪くてがっかりする場面ですが、

ちょっと待ってください。

 

こういうときこそ、発想の転換です。

 

運が悪い出来事が起きたのなら、

受け止め方をポジティブに変えましょう。

 

おみくじで凶が出たのなら、

ポジティブに考えてみてください。

 

「悪い出来事が起こる」という意味ではなく

「これからの心がけが大切」という意味で

受け止めましょう。

 

そうすれば、

凶のおかげで生活を引き締めることができます。

 

駅に入った瞬間に電車が発車して、

ぎりぎり間に合わなかったのなら、

たっぷり待ち時間ができます。

 

この待ち時間を情報収集の時間に充てれば、

効率よく時間が使えるチャンスになります。

 

舞台を予約しようとしたとき、

端の席しか残っていないときも、発想の転換です。

 

「見づらい席」と思うのではなく

「いつもとは違った角度から舞台を楽しめるチャンス」と

考えます。

 

運の悪い出来事があれば、

自分にとって都合のよい出来事に変えてください。

 

こじつけでもいいのです。

 

いかにポジティブな発想ができるかです。

 

運の善しあしは、受け止め方によって、

いかようにも変わります。

 

「運が悪い出来事」は、受け止め方を変えて

「運がいい出来事」に変えてしまいましょう。

 

ポジティブな発想をすれば、

不運も幸運に変えることができます。

 

これができれば、本当に人生が楽しくなります。

 

あなたの身に起こる出来事のすべてを、

幸運に変えることもできるのです。