読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

気持ちが楽になる言葉<06>

相手否定すると、
主張しくても、
否定されやすい
 
相手肯定すると、
主張不足しても、
肯定されやすい

相手を否定すると、主張が正しくても、否定されやすい。相手を肯定すると、主張が不足しても、肯定されやすい。 | 気持ちが楽になる30の言葉

 

易に誰かを否定するのは要注意です。

 

誰でも自分を否定されながら、

何かを言われると、むっとするものです。

 

  • 「人の気持ちを分かっていない」

 

  • 「なんて性格の悪い人なのだろうか」

 

  • 「知識や経験が不足しているに違いない」

 

たとえ主張が正しくても、

自分を否定された腹立たしさがあると、

素直に認めたくない心理が働きます。

 

結果として、主張が正しくても、

否定されやすくなるのです。

 

では、

自分を肯定されるにはどうすればいいのか?

 

自分を肯定されたければ、

まず相手を肯定しましょう。

 

誰でも自分を認められると、

褒められたように感じて嬉しいものです。

 

  • 「理解力のある人だ」

 

  • 「器が大きくて、性格のいい人だな」

 

  • 「きっと多くの人生経験を積んできているのだろう」

 

相手を肯定すると、説明に不足や誤りがあっても、

寛大に受け止めてくれる傾向があります。

 

相手が都合よく解釈してくれるため、

肯定されやすくなるのです。

 

大切なのは「相手の立場に立った発言」です。

 

想像力を最大限に働かせて、

相手の立場を配慮しましょう。

 

相手を思いやる言葉から始めるとスムーズです。

 

  • 「大変だったでしょう」

 

  • 「つらかったでしょう」

 

  • 「これからうまくいきますよ」

 

相手を肯定しながら主張をすると、

話がスムーズに進むでしょう。