so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

気持ちが楽になる言葉<05>

悪の返報性は、

他人してだけでなく、
自分しても

嫌悪の返報性は、他人に対してだけでなく、自分に対しても働く。 | 気持ちが楽になる30の言葉

 

なたの悪口を言う人がいるとします。

 

「あの人が嫌い」と陰口をたたいている

人がいる様子をイメージしてみてください。

 

きっとあなたも、

その人のことが嫌いになるでしょう。

 

  • 「この人は自分のことが嫌いなのだな。

   自分もあまり近づかないようにしよう」

 

自分の悪口を言う人に対して、苦手意識が働きます。

 

これを心理学で「嫌悪の返報性」といいます。

 

自分を嫌っている人は、

自分もその人が嫌いになる法則です。

 
この法則ですが、自分に対しても同じなのです。

 

こう考えてみてください。

 

自分の悪口を言う人が、自分であると。

 

嫌悪の返報性は、他人に対して働くだけでなく、

自分に対しても働きます。

 

自分で自分の悪口を言えば、

自分に対しても苦手意識が働いてしまい、

自分が嫌いになってしまうでしょう。

 

どんどん自分が嫌いになり、嫌いになるから、

また自分の悪口を言う。

 

ついには、生きるのさえがつらくなるはずです。

 

自分を嫌いになるから、

自分を悪く言うのではありません。

 

自分を悪く言うから、自分が嫌いになるのです。

 

自分を悪く言うのは、

自分で自分が嫌いになる習慣です。

 

謙遜のつもりでも、度が過ぎれば、

逆効果になります。

 

心当たりがあれば、今すぐやめましょう。