読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

気持ちが楽になる言葉<04>

病気やけがをしたときは、
健康についてえるよい機会

病気やけがをしたときは、健康について考えるよい機会。 | 気持ちが楽になる30の言葉

 

る日、ささいな不注意から、

病気やけがをすることがあります。

 

病気やけがをしたことがない人はいないでしょう。

 

病気に苦しみ、

起き上がることすらままならないこともあるでしょう。

 

けがのせいで、

不自由な生活を強いられることもあるでしょう。

 

程度によっては、

しばらく寝込んで動けなくなることもあります。

 

病気やけがを憎みそうになるかもしれません。

 

そんなとき、心がけておきたいことがあります。

 

病気やけがをしたときは、

健康について考えるよい機会と考えましょう。

 

忙しい日常に追われていると、

当たり前にある健康への意識が希薄になりがちです。

 

健康について考える機会がなかったから、

病気やけがにつながったとも考えられるでしょう。

 

病気やけがをしたときは、

あらためて健康がいかに大切であるかが、

身にしみて実感するでしょう。

 

その機会を大切にしてください。

 

苦しくてつらいかもしれませんが、貴重な機会です。

 

寝込んでいる間、たくさんのことを反省しましょう。

 

自分の生活を見直すきっかけです。

 

  • 「なぜこんなことになってしまったのか」

 

  • 「今後、健康な生活を送るためにはどうすればいいのか」

 

納得がいくまで、しっかり考えます。

 

乱暴な生活を送っていたのなら、改めるよい機会です。

 

健康を失ったときの痛みや苦しみを味わうのも、

立派な勉強。

 

「もう二度とこんな目に遭いたくない」と

悔しがることで、健康への意識を高められます。

 

今は苦しいかもしれませんが、

その機会をしっかり生かせば、

今後は健康的な生き方ができるようになります。