so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

散歩ダイエット<16>

記録をつけめると、
その時点で、
ダイエット半分成功している

記録をつけ始めると、その時点で、ダイエットの半分は成功している。 | ウォーキング・ダイエットのすすめ

 

イエットの成功のために、必ず記録をつけましょう。

 

本当は「余裕があれば記録をつけてください」と

言いたいところですが「必ず」記録をつけましょう。

 

なんとなく適当にダイエットを始めると、

挫折します。

 

そもそも人間は、怠け者であり、

楽をしたがる生き物です。

 

その人間が、毎日運動をしたり食事を制限したりなど、

厳しいことに立ち向かうためには、工夫が必要です。

 

工夫と言っても、何のことはない、

記録をつけるだけでいい。

 

たったこれだけですが、

強力なモチベーション維持につながります。

 

人間は結果が目に見えると、

踏ん張りができるようになります。

 

ウォーキングとは、素直なスポーツです。

 

すればするほど、足腰が鍛えられ、

体力がつきます。

 

すると、次第に歩ける歩数が増えていきます。

 

この「歩ける歩数が次第に増える」というのが、

ポイントです。

 

記録を毎日つけていると、

歩数がだんだん増えていくのが、

目に見えて分かるようになります。

 

自分の努力の結果が見えないと、

習慣というのはなかなか続きませんが、

向上しているのが目に見えて分かると、

素直に嬉しい。

 

テストの点数が上がるような嬉しさがあります。

 

すると、誰から励まされるわけでもなく、

自然と「もっと歩きたい」「もっと頑張ろう」という

衝動に駆られるようになります。

 

その結果、

いつしか最初は考えられなかった距離が

歩けるようになります。

 

これが、

1人でダイエットを成功させるコツです。

 

記録をつけるというのはシンプルではありますが、

強力なダイエット成功の工夫です。

 

記録の付け方はどこでもなんでもいいですが、

できれば冷蔵庫にA4の紙を

1枚張っておくといいでしょう。

 

毎日目に付く場所というのが、ポイントです。

 

記録をつけ始めると、その時点で、

ダイエットの半分は成功しているのです。