so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

散歩ダイエット<09>

水分補給は、
ウォーキング前にするのがポイント

水分補給は、ウォーキング前にするのがポイント。 | ウォーキング・ダイエットのすすめ

 

足で両手両足を動かすウォーキングは、

単に歩くとはいえ、しっかり汗をかきます。

 

汗をかいているということは、

いい運動ができているなによりの証拠です。

 

そこで欠かせないのは「水分補給」です。

 

当然のことながら、

水分は「ソフトドリンク」ではなく、

ミネラルウォーターやスポーツドリンクです。

 

この水分補給ですが、多くの場合、

喉が渇いてから水を飲んでいるのではないでしょうか?

 

つまり、

ウォーキングの後に水分補給をする場合が多いはずです。

 

しかし、体を動かす効果をさらに高めたければ、

ウォーキングの前に、水分補給をすることが重要です。

 

汗をかく前に水分を補給することで、

脱水症状の対策になります。

 

歩いている途中で喉が渇いているのは

「すでに水分が足りません」という

体からの警告です。

 

喉が渇いてから、水を取るのではありません。

 

喉が渇く前に、水を取るのがポイントです。

 

汗をかく運動をするからこそ、

事前の水分補給は重要です。

 

歩く前にしっかり水分を補給しておけば、

歩いているうちに、

水分が体全体に行き渡りやすくなります。

 

ウォーキングで体全身の筋肉が収縮を繰り返すことで、

体の末端まで新しく新鮮な水が行き渡りやすくなります。

 

水分を補給したときの効果が、より顕著に表れやすい。

 

運動が終わった後も、もちろん水分補給です。

 

水分補給は、ウォーキング前と後の2回です。

 

この習慣によって、

よりみずみずしい体へと変えるのです。