読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

脳を刺激する歩き方<24>

ウォーキングしみが、
スリム体形変換されていく
イメージをしながら

ウォーキングの苦しみが、スリムな体形に変換されていくイメージをしながら歩く。 | 脳を刺激する30の歩き方

 

ォーキングとはいえ、

やはり苦しいときには苦しいです。

 

歩いていると、次第に呼吸が苦しくなったり、

疲れがたまってきたりしてきます。

 

そういうとき、スリムになっている

自分を想像しながら歩きましょう。

 

多少苦しくても、その苦しさが脂肪燃焼につながり、

スリムな体形に変換されているイメージをします。

 

頭の中で、体の脂肪が溶かされて、

次第に引き締まった体になっていく自分を想像します。

 

勝手に想像してしまいます。

 

完全に妄想でOKです。

 

大切なことは、プラスを想像することです。

 

マイナスを想像すると、歩くのも疲れやすくなり、

苦しさがさらに苦しく感じられます。

 

しかし、プラスのことを想像すると、

たとえ苦しくても、なぜか快感と思えるようになります。

 

苦しくても、きちんと成果につながっているのなら、

ウォーキングの苦しみを乗り越えやすくなるのです。