読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

脳を刺激する歩き方<17>

運動しなくても健康維持できているは、
えないところで運動をしているだけ
 

運動しなくても健康維持できている人は、見えないところで運動をしているだけ。 | 脳を刺激する30の歩き方

 

40代や50代の人でも、

健康面にまったく問題ない人がいます。

 

さぞ、

運動を毎日欠かさずにしているのだろうと

思うでしょう。

 

そういう人に

「何か特別な運動でもされているんですか」と

尋ねると、やはりスポーツを

趣味としていることが多いようです。

 

  • 「山登りという趣味」

 

  • 「週末はテニスをしている」

 

  • 「毎日欠かさずウォーキングをしている」

 

しかし、中には、

意外な答えが返ってくることがあります。

 

「いいえ、特に何もしていません」と

言う人がいます。

 

しかもそういう人は多い。

 

そういう人がまれにいます。

 

  • 「そうか。

   運動しなくても病気にならない体なのか。

   羨ましいな」

 

そう思います。

 

しかし、違います。

 

そういう人は、

何も運動をしていないわけではありません。

 

普段の生活でよく歩いているだけです。

 

仕事に集中していれば、

自然と体を動かすことになります。

 

職種にもよりますが、調べ物をするために

本屋に出向いたり、人と会うために

営業に回ったりします。

 

椅子に座って集中する作業であれば、

気分転換で歩くことも多いはず。

 

家事や洗濯も本腰を入れていると、

1日で結構歩くはずです。

 

歩いて買い物に出かけたり、庭掃除で体を

動かしたりなど、普段の生活の中で

自然と体を動かしたり、歩いたりする機会がある。

 

そういう人は、

もはや歩いて運動することが当たり前すぎて、

特別なことという認識はありません。

 

だから「運動は何もしていません」と答える。

 

これは素晴らしいことです。

 

日常の家事を一生懸命にこなすだけで、

日常の中にうまく運動を取り込むことができます。

 

健康は維持できるのです。