読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

早朝散歩のすすめ<28>

んだときこそ、
 
しいときがあったときこそ、
 

落ち込んだときこそ、歩く。悲しいときがあったときこそ、歩く。 | 早朝の散歩習慣のすすめ

 

歩の習慣を持つ人は、しない人より、

前向きで明るい性格です。

 

前向きで明るい性格だから、

散歩をするのではありません。

 

散歩をするから、前向きで明るくなります。

 

体を動かし始めると、脳の中で「ドーパミン」という

脳内神経伝達物質の放出量が増えます。

 

そのことで、気分が高揚してきます。

 

私たちは、思い悩んだとき「明るくなりたい」

「落ち込みから早く立ち直りたい」と思います。

 

元気がないときには、

なかなか自然に元気が出るものではありません。

 

そういうときこそ、歩くことが大切です。

 

もやもやした気持ちや葛藤などの心のもつれが、

歩いているうちに、いくぶん緩和されます。